Rokash「Запалі Агонь」(2011) 

zapaliagon.jpg

好事家の間で高い評価を得ているRational Diet(初期Art ZoydやUnivers Zeroの影が濃すぎて私はちょっと苦手なんだが)を輩出した東欧(元ソ連)ベラルーシから登場したニュー・アクト。2004年にベラルーシの首都ミンスクで結成された、作曲も手がける女性Voをリーダーとする6人組の1stアルバムとなる。

ブックレット等に記載されているバンド名以外の全てがキリル文字なので何がなにやらだが、恐らくメンバーはVo+G+B+Dr+Key+Fl。フルート奏者の存在というのが鍵で、ジャンルとしては「フォーク・ロック」ということでよかろう。勿論日本でかつて流行ったフォークとは全く異なるもので、所謂民謡、土着のトラッド・ミュージックをベースとしたロックである。

面白いのは、このテの音にしてはベースとドラムがやけに主張が強いこと。ギターも曲によっては結構ハード・ロック然としたサウンドを出していて、"У лясным гушчары"では「これでツーバスが炸裂したらスラッシュ・メタルみたいだな…」と思わずにいられない展開も。シンフォニックなシンセ・サウンドを響かせたかと思えばヴィンテージなオルガンやリリカルなピアノも聴かせるキーボードの活躍ぶりも見事。Voは伸びやかな美声。この人の声は好き。

まあそんな塩梅なので楽曲はややエキセントリックなところもあるが、それでもなお親しみやすさのほうが勝る。これは彼の地のトラッド由来の物悲しいメロディが日本の民謡、引いては歌謡曲に通ずるものを感じさせるからかも知れない(勿論、明るい曲もあります)。初めて聴く音なのにどこか懐かしい、聴けば聴くほど夢見心地な佳作。オススメ。ボーナス・トラックにはイングランド民謡"Gleensleeves"を収録。一応、出自というかスタート地点はロックではなくフォーク/トラッド側、ということなんだろうな。是非一度ナマで見てみたいバンドである。


Rokash"Восень"

2012/01/26 Thu. 22:57  edit

Category: CD/DVDレビュー:R

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/254-02b672b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △