Kate Bush「50 Words For Snow」(2011)

50wordsforsnow.jpg

寡作で知られながら今年はセルフ・カヴァーの「Director's Cut」、新曲のみで構成された「50 Words For Snow」という2枚の新作を発表したKate Bush。今回紹介するのは後者。1st「The Kick Inside」(1978)と「Aerial」(2005)しか持っていないので、「Director's Cut」はチト手を出しづらく、結局スルーしております。

雪がテーマとなっている作品だが、音数を絞り、高音を最小限に抑えた控えめな歌唱も相俟って、ごうごうと吹き荒ぶブリザードではなく、闇夜にしんしんと降り積もる雪のような、静かで柔らかいイメージ。「Aerial」もそうだったが、暗くした部屋で聴くと心地良く浸れるタイプの音。それでいて内に秘めた激しさを感じさせる。

多彩なゲスト(「Aerial」のブックレットで登場したBertieことAlbert McIntosch-Kateの息子-も"Snowflake"でVoを披露)を迎えているが、やはり何と言ってもElton Johnの参加が一番のトピック。互いに想いあう男女が「あなたを失いたくない」とロマンティックに歌う"Snowed In At Wheeler Street"でKateとの見事なデュエットを聴かせている。この曲とラストのKateによるピアノ弾き語りをオーケストラが静かに引き立てる"Among Angels"は、何というか、心に沁みる。

「Aerial」もとても良い作品だったが、こちらもソフトで優しい音世界の中にピリッとしたエキセントリシティを少し織り交ぜた、深い余韻を残す良質な作品である。今年の更新はこれでおしまい。良いお年を。

0 Comments

Leave a comment