The Claudia Quintet +1「What Is The Beautiful?」(2011) 

whatisthebeautiful.jpg

Johm Hollenbeck(Dr,Per,Key)率いるNYのジャズ~ミニマル~チェンバー~アヴァンギャルド系グループ、The Claudia Quintetの6作目。後ろについている「+1」はゲストのピアノ奏者を指す。

今回は作風に大きな変化が現れていて、それはヴォーカルを導入していること。全12曲中、透明感のある中性的な声を持つTheo Bleckmannが4曲、落ち着いた威厳のあるバリトン系のKurt Ellingが5曲で「Voice」としてクレジットされており、彼らの歌(あるいは語り)がかなり前面に出た作りになっている。

どこか夢の中をさまようようなBleckmann参加曲もこのグループが元来持っている浮遊感にマッチしていて良いが、最も印象に残るのは、シャープな演奏をバックに語りとベースやヴァイブがしつこいほどのユニゾンを聴かせる"Showtime/23rd Street Ruins Into Heaven"や、「Pause... And begin again」というセリフの度に演奏が文字通り「Pause... And begin again」しながら徐々に音数を増していく"What Is The Beautiful?"というKurt Ellingがパフォームしている2曲。実験的というか音楽的な野心が感じられ、また、これ見よがしなところのない抑制された演奏が逆に聴き手に静かな興奮をもたらす佳曲だ。

2nd「I, Claudia」は相当凄い作品だったが、その後の作品はキャッチーさの減退ゆえ、音楽的な振れ幅の大きさからくる難解さが増した印象だった(なので前作「Royal Toast」は未聴)。この作品が以前より聴き易くなったとは言えないが、Voの導入が大きなインパクトを与えており、個人的には「I, Claudia」以来の快作だと思う。濃密な1枚。


The Claudia Quintet +1 feat. Kurt Elling "Job"

2011/11/23 Wed. 23:22  edit

Category: CD/DVDレビュー:C

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/248-ea37c78b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △