Blue October「Any Man In America」(2011) 

anymaninamerica.jpg

テキサス州ヒューストン出身4人組の6th。元々は5人いたが昨年ギタリストが脱退している。

今様アメリカン・ハード・ロックに対して抱いている私の印象を色で表すと「茶色」である。そもそもサンプルが少ないし、その少ない中でもCreedのような暑苦しいのしか聴いていないから余計にそう感じるのかもしれないが、今回初めて聴いたBlue Octoberに対するそれは「青」もしくは「白」である。アルバムを包む空気がどちらかというと英国あたりの作品のそれに近い、とでも言えばいいだろうか。

イントロ"Everything(A.M.Limbo)"に導かれて始まる1stシングル"The Feel Again(Stay)"でPeter Gabrielに似た声質(というか、かなり影響を受けていると思う)を持つJustin Furstenfeldの声が響く瞬間から、Peter Gabriel「So」のような、澄んだ音世界が広がる。時々Scott Stappのようにもなるので、やはりキャラとしては茶色系の暑苦しいVoに通ずるものがあるのだが、ヘヴィネスに溺れない音像のせいか、透明感は終始保たれている。

ハード・ロックに留まらない着想の広さが彼らの音楽の特徴で、エレクトロニカやR&B、ヒップホップのテイストをごくごく自然に取り入れた曲もあるがやはり"The Feel Again(Stay)"こそが決定打だろう。静と動の対比が鮮やか過ぎるドラマティックかつメロディックなナンバーで、今のところQueensryche"Hard Times"と並んで今年のNo.1チューン。アルバムの中でこの曲が抜けている気もするが、キャッチーなハード・ロック"The Chills"(2ndシングル)をはじめとするその他の曲もなかなかに味わい深い。ヴァイオリニストが正式メンバーとしてクレジットされているからというワケではないが、結構プログレ好きにもアピールする音だと思う。

2011/09/27 Tue. 23:32  edit

Category: CD/DVDレビュー:B

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/242-ab0b73df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △