Nguyên Lê「Songs Of Freedom」(2011) 

songsoffreedom.jpg

ヴェトナム系フランス人ギタリスト、Nguyên Lê(Nguyen Le:グエン・レ)によるカヴァー集。カヴァー元はThe Beatles、Stevie Wonder、Janis Joplin、Led Zeppelin、Cream、Bob Marley、Iron Butterflyといったところ。それ以外に数曲、イントロ的なオリジナルの小曲が収められている。

古い音源の収集は一部のプログレをかじっただけで止めてしまった身なのでオリジナルを知らない曲が多い(いくつかの曲はYouTubeで聴いてみたりはしましたが)が、オリジナルと聴き比べるまでもなく全編に渡ってLeの個性が注入されていることがわかる。バンド・メンバーにヴィブラフォン/マリンバ奏者を迎え、ゲストにもタブラ奏者のクレジットがあるそのサウンドは、クールなジャズ・ロックをベースにエスノ成分をこれでもかとまぶした特異なもの。ギターも時にうねうね、時にピロピロと結構派手に弾きまくっており、洒脱なムードとロック的な熱さのバランスがかなり面白かったりする。

どの曲も圧巻だがLed Zeppelinの"Whole Lotta Love"が白眉。ヘヴィなギターとタブラに乗っかるサイケな女性Vo、暴れまわるヴィブラフォン、曲の中頃に現れる口タブラ。自由過ぎる。強烈過ぎるほどにLe自身のオリジナリティを感じさせる演奏は原曲に思い入れがある人にはかなりキツいかも知れないが間違いなく快作。私は文句なしに好きだ。


Nguyen Le"Whole Lotta Love"

2011/09/24 Sat. 00:52  edit

Category: CD/DVDレビュー:N

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/241-a33fc615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △