Jakszyk, Fripp And Collins「A Scarcity Of Miracles」(2011) 

scarcityofmiracles.jpg

Robert FrippがKing Crimsonの名を冠した作品(ただし、サブタイトルで)を携えてロックのフィールドに戻ってきた。

21st Century Schizoid BandでVoとGを担当していたJakko M Jakszyk(G,Vo,Key,古筝)と「Lizards」「Island」でCrimsonのメンバーとして名を連ねていたMel Collins(Sax,Flute)、そしてFrippの3人の名を並べたJakszyk, Fripp And Collinsが恐らく正式なバンド名。但し、ブックレットにはJakszyk, Fripp And Collins With Levin And Harrisonとあり、その名の通りTony Levin(B,Stick)とGavin Harrison(Dr)を加えた5人でレコーディングされた全6曲が収録されている。

音質の話を云々できる耳も環境も持ち合わせていないが、とても「良い音」のアルバムだと思った。特にMel Collinsのサックスやフルートが凄くて、歌の合間などで切れ込んでくる即興的なフレーズのキレが恐ろしくいい。他の楽器を押しのけてソロをブバブバ吹き倒すような無粋な真似は一切していないのに強烈な存在感。Frippのプレイはサウンドスケープの比率が高めだが、こちらも例の過剰な眩さをいかんなく発揮、スロー・テンポの楽曲がメインのアルバムに異様なテンションをもたらしている。みんな大好きTonyおじさんのベースも渋い重低音を響かせ、Harrisonのドラムも控えめながらこれまた良い。この人のプレイは好きだな。

楽曲の方に目を向けると、前述のようにスロー・テンポの曲が多く、また、David GilmourのようなJakszykのソフトな声質も相俟って、全体的にはジェントル。そこにCollinsやFrippがムーディな空気や緊張感といったカラーを重ね塗りしているような感じ。整ったサウンドがそう思わせるのかも知れないが、非常に丁寧に作られた印象がある。Jakszykが歌うメロディも悪くない。良い作品だと思う。

「A King Crimson ProjeKct」というサブタイトルを冠してはいるが、個人的にはこの作品からKing Crimsonの匂いを感じ取ることはできなかった。このサブタイトルはあくまでもビジネス上の戦略からつけられたものだと理解している。しかし、このメンツでツアーを始めてある日突然King Crimsonに名前を変えても、私は別に怒りません。Disciplineの例もあるしな。「これは新タイプのKing Crimsonだ」とFrippが言い張るのならそれでもいいのではないかと。つかツアー、するのかな。今のところその予定はないようだが。

2011/06/07 Tue. 23:09  edit

Category: CD/DVDレビュー:J

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/231-3a8ea4d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △