非思量

Sixx:A.M.「This Is Gonna Hurt」(2011)

thisisgonnahurt.jpg

Mötley CrüeのNikki Sixx(B)とJames Michael(Vo)、DJ Ashba(G)の3人で結成されたSixx:A.M.の2nd。1stは未聴。ついでに言ってしまうと実はMötley Crüeもマトモに聴いたことがない。LAメタルはW.A.S.P.(このカテゴリーに入れていいのかどうかわからないが)以外はどうもダメなんすわー。主にVoの声とかが。

一方、こちらのヴォーカルは実に魅力的な声を持っている。適度に荒れていて、パワフル。そして上手い。"This Is Gonna Hurt"、"Lies Of The Beautiful People"のようなNickelbackに通ずるベタかつモダンなアメリカン・ハード・ロックも、どことなくU2の影響を感じさせる荘重な"Oh My God"も、Muse的な過剰なドラマ性を撒き散らす"Goodbye My Friends"も、本当に器用に歌いこなしている。

敢えて元ネタと思しきミュージシャンの名前と曲名を並べてみたが、メイン・ストリームのロックを沢山聴いている人なら別の曲でまた別のミュージシャンが頭をよぎるだろう。それがこのアルバムの弱点といえば弱点。オリジナリティや一貫性という意味ではやや弱いところがあるかも知れない。ただまあ、これだけ上手いシンガーがいたら色々試してみたくなるのが人情というものかも知れないし、そもそもパーマネントのバンドではないこのプロジェクトにそういうツッコミを入れるのは野暮というものだろう。

個人的にはメロディと声が自分の好みにフィットしているので、そのあたりはあまりマイナスにはならなかった。シンプルかつコンパクトで良質な楽曲が揃っていて、何のストレスも感じず気持ちよく聴ける。良い雰囲気のアルバムだと思う。


Sixx:A.M."Lies Of The Beautiful People"

Newest

Comment

Leave a comment