California Guitar Trio「Andromeda」(2010) 

andromeda.jpg

Robert Frippがかつて主催していたGuitar Craft出身のBert Lams、Paul Richards、Hideyo Moriyaからなるアコギ・トリオの2010年作。

私が持っている数枚のアルバムではロック・クラシックスのカヴァーも収録されているが今回は全編オリジナル曲で構成されており、それが作品を一本スジの通ったものにしている感がある。Discipline期King Crimsonの流れを汲む緻密すぎるほどのミニマルなアンサンブルを基軸に美しいメロディを聴かせるがフラメンコ調の曲もあったりして曲調はヴァラエティに富んでいる。クラシカルでありながらロック色も漂わせるタイトル・トラックやアンサンブルを従えてヴィオラが舞うチェンバー寄りの"Portland Rain"はアルバムの白眉。合間に即興ナンバーもはさんだ構成も良い。

また、曲によって前述のヴィオラやチャップマン・スティック、Dr、B等を配し、加えて、時折アコギにエフェクトをかけることでサウンドに幅を持たせており、ヴェテランらしい気配りの行き届いた作品だと感じた。格調、密度、オリジナリティのいずれもが半端なく高い音楽。細かく繰り出されるソリッド過ぎるほどにキレの良い音の1つ1つが満天の夜空に輝く星を思わせる至高の1枚。オススメ。


California Guitar Trio"Portland Rain"
ヴィオラ抜きのヴァージョン。

2011/03/28 Mon. 20:14  edit

Category: CD/DVDレビュー:C

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/224-984032fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △