Hattler「Gotham City Beach Club Suite」(2010) 

gothamcitybeachclubsuite.jpg

以前はKraanというプログレ~ジャズ・ロック系のバンドで活躍していた(私は未聴)ドイツ人ベーシスト、Hellmut Hattlerのライヴ・アルバムを含めて(多分)7枚目のアルバム。

私が初めて聴いたHattlerのアルバムは2004年リリースの「Bass Cuts」(余談だが、このアルバムはThe Cuts Seriesとして一般のアルバムとは区別されている模様)なのだが、その中に収録されていた"Bass Camp"のベース・ソロにノック・アウトされて以来、スタジオ盤はずーっと(と言ってもまだ3枚目だが)追いかけている。


Hattler"Bass Camp"。「Bass Cuts」収録曲。ベース・ソロは4:30あたりから。

ジャンル的にはアシッド・ジャズと言えばいいのだろうか。このあたりの音には疎いので自信がないが、「Bass Cuts」でのサイケデリック/トリップ・ミュージックを引き摺ったような感じや、前作「The Big Flow」でほのかに漂っていたエスニックなテイストもすっかり消化されて、Hattler流のクールなサウンドに取り込まれている。Vo入りとインストの曲とがほぼ半々ずつ収録されているがどちらも出来が良い。

そして曲もさることながら、Hellmut Hattlerのベースがカッコいいんである。ピックを使ったオルタネイト・ピッキングによるプレイなのだが、フィンガー・ピッキングやスラップを駆使するプレイヤーとはまた違ったカッコ良さがある。この人のサウンドのキレの良さは聴いていて快感ですらある。そして、ベースが縦横無尽に鳴っているベーシストのアルバムであるにも関わらず胃がもたれるような重苦しさが全くない。センスええわあ。ベース好きの方は一度トライしてみては。


Hattler"Dimitri"

2011/01/28 Fri. 22:51  edit

Category: CD/DVDレビュー:H

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/216-92a436e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △