Alter Bridge「ABIII」(2010) 

abiii.jpg

Slashのソロ・アルバムに参加したことで日本でのステイタスも「知る人ぞ知る」から「シーン随一の」実力派シンガーへと上がったであろうMyles Kennedy(Vo)を擁するAlter Bridgeの3rd。インストの3人はご存知元Creed。あ、「元」じゃないのか。

音楽性は今までどおりのベースが低音でガランゴロンと唸る、Creedにも通じるモダンかつダーク&ヘヴィなアメリカン・ハード・ロックだが、80年代のメタルを構成していた大らかでメロディックな要素がこれまでになく多く取り入れられている。"Wonderful Life"と前作の"Blackbird"という、アルバムの中間に配され、アルバムの1つのピークとなっているパワー・バラードのキャラクターを比べればその変化は一目瞭然。実際のところ、曲調としてはこれまでよりも親しみやすいものが多いと思う。

今回はKennedyの歌唱にも大いに注目が集まると思われるが、「Slash」での抑え気味(そう、あれでも抑え気味なんです)な歌唱から一転、高音域を惜しみなく駆使してパワフルに歌い上げており、まあ少々クセはあるもののこちらのほうがやはりしっくりくる。昨年Creedが復活したが、少なくともYouTubeで見られるライヴ・パフォーマンスを比較する限り、歌唱力ではKennedyがScott Stappを圧倒している(というか、Stappてライヴだとちょっとアレですね…)。他にも理由があるのかも知れないが、Creedインスト隊にAlter Bridgeを放り出す意思がないのも道理である。逆にKennedyに逃げられないといいのですが。

しかしそれでも、トータルでのアルバムの出来はCreedの方が上なのである。それは何故か。1曲1曲は非常によくできているのに曲ごとの色付けの違いがあまり明確でないため、単調でアルバム1枚が長く感じられてしまうのだ。1stが11曲55分、2ndが13曲59分、そして今回は14曲65分(国内盤ボートラ除く)と遂に1時間の大台を突破したのだが、明らかにそれがマイナスに作用している。このバンドの場合、ヴォリュームとしては10曲、いや、9曲ぐらいで丁度いい。"Ghost Of Days Gone By""Still Remains""Wonderful Life""Words Darker Than Their Wings"等々、良い曲は多いだけに惜しい。

ただ、その「無駄に長い」という点は私のような集中力が欠けた人間でなければ全く問題のない話であり、その一点を除けば非常に優れたアルバムである。Slashのアルバム等からKennedyに興味を持った方や「最近80年代の華やかなメタルが復活してきてるけど、当時のパロディっぽいヤツはちょっと…」という向きに推薦しておきたい。

2010/11/30 Tue. 23:03  edit

Category: CD/DVDレビュー:A

Thread: HR/HM - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/210-0e022386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △