青森最後の詩人ひろやー「津軽曼荼羅」(2008) 

tsugarumandara.jpg

ニコニコ動画でアルバムの冒頭を飾る"新町"が発売から2年を経て突如脚光を浴び、局地的に人気沸騰中の青森最後の詩人ひろやー。遅ればせながら私もコチラ経由で彼の存在を知ってすっかりハマってしまい、これだけ笑わせてもらったのだから銭を落としておくかな、と思いアルバムを購入。

まずは何を置いても"新町"に触れなければなるまい。うら寂しいアコギにフォーク調のメロディで2分半、ギターをかきむしりながら絶叫、絶叫、また絶叫のラスト1分、ひたすら直球中学生レヴェルの下ネタの連呼。ここまで来ると天晴れと笑うしかない。まあとりあえず未聴の方は聴いてみなせえ。あ、うっかり職場で再生しないように!聴くのはコチラで歌詞を確認してからでも遅くないぞ。


これがウワサの"新町"。友人曰く「タイガーマスクの最終回のBGMに使えそう」。これが人生のエンディングテーマとかイヤすぎる。

オビに三上寛の推薦文があり、直接的な下ネタワードを含むフォーク・ミュージックという内容からも三上寛と同じ系譜にある音楽性と考えていいかも知れない(三上寛は何年か前に数枚聞きかじっただけなので自信はないが…)が、手触りとしてはあまりドロドロとしておらず、個人的には聴き易い音だと思った。歌詞の衝動性とは裏腹に、ひろやーが自分自身を少し嘲笑的な視点から冷静に見ているようなフシが音楽そのものからは窺える。

言いかえればこの人、センスがいいのだ。"お金をください""ハードコアの流れる喫茶店"のキャッチーなメロディ、"コ○コーラの詩""津軽曼荼羅"で色濃く漂うサイケデリック感、"津軽ねぶた節"(この曲は物凄くいい。歌詞もさほど抵抗感はないし)で聴ける民謡調のサビメロ等々、実は聴きどころは多い。そもそも"新町"とて、曲を最後までキッチリ聴かせるだけのメロディ、アレンジ、展開の妙があるからこそあれだけのインパクトがもたらされるワケで。あ、あと「オリオン座の下で」な。

というワケで"新町"が楽しめた方には「それだけじゃないんだよ」ということでオススメできる。あの曲が面白いと思えない方、腹が立った方はこれ以上関わらない方がお互いのため。アルバムには6曲のライヴ・テイクが収録されており、ラストは勿論"新町"。アルバム版より酷いことになっています。

2010/10/20 Wed. 20:28  edit

Category: CD/DVDレビュー:国内あ

Thread: 邦楽 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/205-b203b887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △