Die Mannequin「Fino + Bleed」(2009)

fino+bleed.jpg

90年代のグランジ/オルタナティヴ・ロックの影響を受けたという女性Vo兼GのCare Failure率いるカナダ産トリオの2ndフル。これまで2枚のEPと、EPをカップリング+未発表曲を加えたアルバムを1枚出しているらしい。ドラマーには元RHCP、Pearl JamのJack Ironsが参加している(ツアー後に脱退)。このアルバムはカナダでは1年前に発表されたものだが、日本盤はついこないだリリースされたばかり。CDショップに行ったら店内でかかっていて気になったので購入。

女性差別や家庭内暴力と言った社会問題を歌詞の題材に選んでいるが、ところどころに挟まれた淀んだムードのインタールードを除けば、グランジを通過したヘヴィでキメの粗いギター・サウンドを核としたパンキッシュなハード・ロックで、むしろノリの良さで押し通すタイプの音楽。パワフルな中にコケティッシュな面やほのかな切なさ、脆さを漂わせるキャッチーなメロディが満載で、飽きさせずに一気に聴かせるパワーを持っている。Careと外部ライターの共作が多い(ちなみに、一部の楽曲で元Harem ScaremのHarry HessとPete Lesperanceが作曲に参加している)がCare1人で作った曲も悪くない。セックス、ドラッグ、ロックンロールを体現したような出で立ちのCareの歌もなかなか魅力的。音楽性も相俟って基本的には押しの一手だが、その中での声色の使い分けが上手い、という印象。

Slayerを手がけたこともあるプロデューサーのMatt HydeやJack Ironsのようなヴェテランのヘルプが奏功したか、ラウドかつタイトなサウンドは抜群のまとまりを見せ、それでいて若手らしい活きの良さとのバランスが絶妙。楽曲のクオリティも含め、既に完成の域に達している。個人的には普段あまり聴かないタイプの音楽だが、CDショップで専用コーナーも設けられて結構プッシュされていたのも納得できる出来の良さ。もっと評判になってもいいと思う。


Die Mannequin"Dead Honey"

0 Comments

Leave a comment