聖飢魔II「悪魔Relativity」(2010) 

akuma3.jpg


限定盤と通常盤のみならず集大成盤まで購入された信者の皆様、ご苦労様です!

というワケで再集結第1弾「悪魔Nativity」と、同時に録音されていたが選曲から漏れた7曲+新曲1曲をカップリングさせたコンピレーション「A Quater Century Of Rebellion"世界的極悪集大成盤"」と、「悪魔Nativity」から漏れた7曲+新曲4曲で構成された「悪魔Relativity」のDVD付限定盤及びCD1枚組の通常盤、合わせて3タイトルが同時リリース、むしりとれるだけむしりとる「エイベックス商法」炸裂である。ホント、全部買った人には「ご苦労様」の言葉しかない。

ま、ジャケットが各構成員ソロで写った全5ヴァージョンみたいな「AKB48商法」までは行かなかったので、このご時勢、まだ良心的な方だろう。3枚で済んで良かったね。私は「A Quater~」はパス(さすがに"蝋人形の館"前説ヴァージョン違いだけのために買えない)、「悪魔Relativity」通常盤のみ購入。元々、このテの商法に付き合う気はないし、その余裕もないので…。

さて内容について。「悪魔Relativity」も「悪魔Nativity」同様、過去曲を英詞で再録音+新曲という構成。曲目は以下の通り。
  1. Go Ahead!
  2. Overture~Winner!
  3. Stainless Night
  4. 1999 Secret Object
  5. Jack The Ripper
  6. Revolution Has Come
  7. Overture~Bad Again "Time To Be The Man Of The Wild"
  8. 俺様はアナニマス(新曲)
  9. Babies In Their Dreams(新曲)
  10. Let Me Be Your Friend(新曲)
  11. Desterted Hero(新曲)
再録曲については「悪魔Nativity」の"Prince Of Jigoku""A Demon's Night"のようなアッと驚くようなアレンジ等の変更はなし。ガッチリと構築されたヘヴィ・メタル然としたサウンドも従前の流れを汲むもので、良くも悪くも予想を裏切る要素はほとんどない。エース清水がソロを弾いていた部分は今回ジェイルが弾いているが、そこがツアーまでにどれくらい練りこまれているか期待したいところ。

そうそう、ツアーと言えば今回初めて聖飢魔II大黒ミサのチケットが取れたのだ。9/30大阪の、すんごい後ろの方のすんごい端っこの席だが、うれしいなあ。何せ当方大黒ミサは未経験、チケットを取れるチャンスなら何度かあるにはあったのだが、解散前の47都道府県ツアーの時は、私が住んでる町に来ると知った時に既にソールド・アウト、5年前の再集結の時は一般発売の日に仕事が入って、夕方に戻ってきて急いでパソコンからイープラスにアクセスしたら既に売り切れていた、という悲しい思い出しかないのだ。既に生大橋は閣下のツアーで、生ライデン+ゼノンは邦楽維新で体験済みなので、今回の主目的は生ルークの鑑賞である。うれしいなあ。しかし休み取れるかなあ。

最後に新曲についても触れておこう。ルーズさの中に不思議とピリピリした感触を内包した今のジェイルらしさ満開の"俺様はアナニマス"(クレジットは「匿名希望」になっているが、少なくとも作曲にジェイルが関わっているのは間違いない)、「好色萬声男」収録の"地上絵"風味の、閣下らしいハード・ポップ"Babies In Their Dreams"、意外とアンコールとかでこれやったら盛り上がりそうじゃない?なジェイルと閣下共作の"Let Me Be Your Friend"、"Masqurade"から聖飢魔II色を抜いたようなルーク作"Deserted Hero"の4曲。最早彼らがメロディック・ハードを基本とする「聖飢魔IIモード」に戻るのは相当難しいのだろうなあ、と思わされるが、それを踏まえた上で聴けばそんなに悪くない。"Deserted Hero"とか、結構好き。

今のこのノリで新曲だけの聖飢魔IIのアルバムを出したら「Ponk!!」も真っ青な問題作になりそうで、それはそれで怖いもの見たさで聴いてみたい気も。

2010/08/02 Mon. 23:12  edit

Category: CD/DVDレビュー:国内さ

Thread: HR/HM - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

DESERTED HEROはかなり聖飢魔II色出てると思いますよ!
確かにCANTAっぽいかんじはすごいですけど、あの曲はCANTAでやってもああはならないんじゃないでしょうか
閣下が歌うこと前提で参謀が作ったからこそのこのの曲だと思います

昔の記事に投稿すんませんf^_^;
聖飢魔II関連を探してたら見つけてしまったもんでつい……(笑)

 #- | URL | 2014/04/07 13:06 | edit

Re: タイトルなし

何をもって「らしい」とするかによるのでしょうが、聴いていて「ルークの世界だなあ」と思ったのでああいう表現になりました。「聖飢魔IIの曲として相応しくない」とは思っていませんよ。バンドの歴史を振り返れば、それこそ何でもアリでしたから。

古い記事でもコメントをいただけるのは嬉しいです。ありがとうございます。というか、もうこのアルバムが出て4年近く経っていることに少し驚きました。

cota(管理人) #- | URL | 2014/04/07 20:48 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/195-8feba2ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △