Van Canto「Tribe Of Force」(2010) 

tribeofforce.jpg

国内盤のオビに曰く「アカペラ・メタル」。ヴォーカルのみならず、ギターとベースのパートも「人間の肉声」でカヴァー(ドラムはそのまんまドラムを使用)してしまうドイツ産大馬鹿者6人組(女性1人含む)の3rdにして日本デビュー盤。

バッキング・トラックに人の声を用いる手法そのものはBjorkが「Medulla」で既にやってしまっているが、(「Medulla」が今、手元に無いんでウロ覚えでの記述になるが)あくまで声を「楽器」として使用していた「Medulla」と異なり、コチラはギター・パートも「歌」の要素が強い。

何せ彼らはギター・パートを「らぬだぬぬだぬぬだぬぬだぬ…」と「歌って」いるのだ(ちなみにこれはMetallica"Master Of Puppets")。こんなの、我々が何となくギター・リフを口ずさむのと同じことじゃないか。そもそもギター・パート担当が「Rakkatakka Guitars」とかクレジットされていて、まあ何と言うか、アホである。

もう一曲目の最初の「ラバラバランバンバン…」でお茶を噴出すレベルのおかしさなのだが、不思議なことに聴き進めていくうちにだんだん気にならなくなる。理由は彼らの演奏(=歌)技術が非常に洗練されていること。これ、誰にでもできそうな気がするけど、ワンフレーズならともかく1曲やり通すのは常人には絶対無理。さらにギター・ソロは思わず「これ、ギターじゃないの!?」と驚かされる(RageのVictor Smolskiとギター・バトル?を繰り広げている曲まである。あ、Smolskiは当然本物のギターを弾いています)こと請け合い。

楽曲はパワー・メタルからシンフォ・メタル、果ては女性Voがメインを取るNightwishばりのゴシック・メタルまで幅広く取り揃えているのだが、これが結構、いや、かなりいい。アカペラじゃなくて、普通にG+B+Keyとかでアレンジしてもソコソコ人気が出たのではないかと思うぞ。まあそれだと私は聴かなかっただろうけど。

これが色物じゃなかったら何を色物と呼ぶんだ、というレヴェルで奇抜だし笑えるブツだが、単なる一発屋に留まらない非凡な才能、センスこそ注目されるべき。最初の「ラバラバランバンバン…」の時点では笑えるけど1~2回聴いて終わりだと思ったんだがなあ。


手っ取り早く彼らの面白さを堪能するにはカヴァーがオススメ。というワケで"Master Of Puppets"。

2010/07/28 Wed. 22:53  edit

Category: CD/DVDレビュー:V

Thread: HR/HM - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/194-fec3c468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △