非思量

こんなこともある。

インディー・レーベルや自主制作系のCDは「見つけたときに買え」が鉄則である。何せメジャー流通の製作物とは違い、プレス数が小量な上、基本的にそれが売り切れたらその時点で絶版。その時点でその作品が手に入る確率はほぼゼロになってしまうからである。

フランスのサックス奏者、Stephane Payenが中心のユニット、Thôt(Thot) Agrandiの「Work On Axis」という作品が6年ほど前に出ていて、これが某雑誌で10点満点の評価が下されていて「欲しい」と思いずーっと探していたのである。しかしどこにも売っていない。そもそもその雑誌に載ったのがリリースから1年経ってからのことで、アマゾン等のめぼしい大手系は全滅。東京に出たときに店をいくつか回ってみたがやはりどこにも置いてない。私にとっては幻の1枚となっていた。

そして時は流れて2010年。Thôt名義の新作が2枚同時に出ていたことを知る。しかしこの新作、「自主制作なのでStephaneの個人サイトでしか手に入らない。本人が発送してくれます」とのこと。早速、なくなってしまう前に2枚まとめて注文。

注文して数日後「今ロードに出てるから、戻ったらすぐ発送するね!」という返信メールが。で、それから3週間ほどして届いたので中身を開けたらなぜかCDが3枚入っている。…おお、これは「Work On Axis」そのものではないか!

2010062801.jpg

CDの横に並べてあるのが同封されていたメッセージ。コピー用紙に手書きという手作業感溢れるフォーマットで「ムチャクチャ遅れてゴメンね!お詫びにCD1枚タダであげるよ!楽しんでね!」と(ザックリ訳せば)書いてあった。そのフリーCDが4年間探しても見つからなかった幻の1枚なのだから人生わからない。Stephane、オマエ、イイヤツ!

しかし管理人がワールドカップに夢中であまり集中して聴けていないのであった(断っておくが、超にわかです。サッカーをこれだけ熱心に観たのは25年ぶり-プラティニ伝説のオフサイドがあったトヨタカップ以来-という有様)。あらら…。

Newest

Comment

Leave a comment