Triptykon「Eparistera Daimones」(2010) 

eparisteradaimones.jpg

衝撃の復活作「Monotheist」が絶賛の嵐を浴びながら人間関係のもつれであっさり崩壊したCeltic Frostの中心人物、Tom Gabriel Warriorが新たに結成したTriptykonの1st。

「Monotheist」は私が初めて接したCeltic Frostのアルバム(ちなみにそれ以外の作品はあの迷作「Cold Lake」をチラッと聴いただけ)なのだが、これがもう切れ味の鈍いナタで目の前にある生命体をことごとく叩き潰して回る狂人のような、徹底的に駆けない重々しい曲調とサウンドでもってして15年間積もりに積もった怨讐を撒き散らす凄まじいものだった。以前やった「インパクト重視で選ぶ'00年代の30枚」という企画では迷った末に外したのだが、今になっておけば入れておけば良かった気もする。とにかくレコード屋で買ってカーステレオに放り込むや否やビシビシと伝わってきた負のエネルギーに圧倒されたものである。

今回はCeltic Frostが機能停止してから2,3年ほどしか経っていないので、ドス黒いネガティヴなオーラの放出っぷりは「Monotheist」より劣る。しかし同じような音楽をもっと上手にやれる人たちはいるだろうが、この人ほど「この世に横たわる闇の全て」のようなものをこれほど具体的に音楽で表現できる人はそうはいますまい。ジリジリと焼け付くようなシンプル極まりないリフ、ドスが効き過ぎているかと思えば断末魔の叫びを響かせたり死にそうなつぶやきを聞かせたりするWarriorのヴォーカル、それとは対照的な女性ウィスパー・ヴォイス。ドゥーム~デス~ゴシック~プログレを縦横無尽に横断する音楽性はネガティヴ一辺倒でありながら実に豊かな響きを湛えている。

ドライヴのBGMには徹底的に不向き、ポータブルプレイヤーで聴きながら歩くのにもふさわしくない、とにかく気軽に聞き流すことのできない超重量級音楽。圧倒されました。ウ゛ッ!


Triptykon“A Thousand Lies”

2010/04/25 Sun. 23:30  edit

Category: CD/DVDレビュー:T

Thread: HR/HM - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/183-93d0df5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △