Fear Factory「Mechanize」(2010) 

mechanize.jpg

バンドから追放されたハズのDino Cazares(G)がいつの間にかBurton C. Bell(Vo)と仲直り、ドラマーとベーシスト(Cazares脱退後はギターにコンバート)を元Strapping Young Ladの2人に差し替えて「いや、これオレのバンドだけど何か?」みたいな顔して(かどうかは知らんが)リリースした7th。何がどうなってこうなったのか、彼らの動向に疎い私にはサッパリわからないのだが、気に入らないヤツを追い出したつもりがいつの間にか追い出された形になっていた2名は今、何を思う。

実はCazares脱退前のFear Factoryは3rd「Obsolete」しか聴いたことがないのでそれとの比較になってしまうが、先鋭的かつ直線的、緻密極まりないインダストリアル・サウンドが何故かここへ来て先祖返りを起こしていて、かすかにゆらぎを感じさせるスラッシュ・メタルに通じる味わいを醸し出している。これは曲調やサウンドの質(正直、もっと厚みが欲しい)もさることながら、Gene Hoglanとオリジナル・メンバーであるRaymond Herreraという新旧ドラマーの個性の違いも理由の1つとしてあるような気がする。どちらが優れているとか、そういう話ではなくて。Hoglanは大好きなドラマーの1人だが、個人的にはHerreraの方がFear Factoryのキャラクターに合っているように思う(オリジナル・メンバーだから当然なんだが)。

まあBurton C. Bellが不器用そうにメロディをなぞる普通声パートこそがこのバンドの最大の萌えポイントである私にとっては「Obsolete」の存在を頭から消しさえすれば結構楽しめるアルバムである。「Archtype」も好きだったからこれだって問題ないっす!前作「Transgression」のドン詰まり感は解消されており、攻撃的な中にリリシズムを漂わせるラストの“Final Exit”へ向けて、刻みに刻むギターとドラムのシンクロっぷりが気持ちいい楽曲群が押し寄せてくるサマはCazaresが復帰したからこそ成し得るFear Factoryならではの世界。

結論を言えば、仲直りの第一歩としては悪くない、そんな感じ(仲直りしたのは4人中2人だけですが)。ただ最初に聴くFear Factoryのアルバムではない。このバンドに興味があるのなら「19xx年、地球は核の炎に包まれた」的な北斗の拳を思わせる荒廃した世界(そういう設定の作品ではないが)をリアルに聴き手の脳内に描き出させることに成功した「Obsolete」を先に聴いてほしいところ。“Resurrection”なんて、超がつく名曲ですよ。


“Powershifter”


「Obsolete」より“Resurrection”

2010/03/27 Sat. 01:11  edit

Category: CD/DVDレビュー:F

Thread: HR/HM - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/179-e02f81a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △