Aranis「Songs From Mirage」(2009) 

songsfrommirage.jpg

既にエントリが1つ上がっていますが明けましておめでとうございます。新年一発目の新作レビューはやや暗黒系のチェンバー・ロック。縁起悪い!

というワケで今回紹介するAranisはヴァイオリン×2+アコーディオン+ピアノ+ウッド・ベース+ギター+フルートに女性コーラス3名を加えたベルギー産アコースティック・チェンバー・グループ。3作目とのことだがこのグループの作品を聴くのは初めて。全ての曲をベース奏者が書いている。

インストのみの曲もあるがダークな旋律の女性多重コーラスが作品の主役で、インスト隊はフガフガと弾きまくるのではなく、コーラスを引き立て、またあるいはコーラスに寄り添うような形で荘重な世界を演出している。どことなく宗教的な香りも漂わせており、コーラスが英語を使用していない(何語かはわかりません)ことも神秘性を高める一因となっているかも。

51分14曲をフルに使って作品としての起伏を考えて製作された印象で、抑制された前半から約10分に及ぶ終曲(タイトルもズバリ“Finale”)へ向かって作品全体を覆う緊張感がさらに強くなっていく中、その“Finale”でパッと視界が開けるような展開を見せるところなど、よく考えられている。蜃気楼からの音楽というタイトルとは裏腹に非常に輪郭のハッキリした音楽。


Aranis“Chamber Rock”
そんなベタな曲名つけなくても…と言いたくなるインスト・ナンバー。コーラスがないこともあり、暗黒風味は若干抑え目なタイトルまんまの曲。ちなみにヘッドがチラチラとしか映っていないが、ステージ向かって左端にギタリストがいます。

松の内だろうが何だろうが聴く音楽はいつもと同じ、ということで今年もごくごく限られた数人の好みに、針の穴を通すが如く突き刺さるニッチな音楽(全部が全部そうでもないですけど)のレビューを届けるべくあまり頑張らずにやりますのでよろしくお願いします。

2010/01/09 Sat. 00:32  edit

Category: CD/DVDレビュー:A

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 4

top △

コメント

「Chamber Rock」や「Mythra」など、他にも数曲の動画を試聴してみましたが、ミニマル色の強い攻撃的な弦楽サウンドという部分で、私は久石譲に非常に近いものを感じました。

もしかしたら影響を受けているのでは、と思うほどにフレーズやメロディに同じ匂いを感じます。

宜しければ、昨年リリースされた久石譲の『The End Of The World』や、2000年の作品『Shoot The Violist』辺りを一度聴いてみて頂ければ嬉しいですね。


Aranis、CD探してみるかな・・・。

ロックは無用 #YyyuZQ7E | URL | 2010/01/13 03:16 | edit

となると「Aranisの作曲をしている人は宮崎駿ファン」という
仮定も成り立つわけですな。宮崎駿といえばカリオストロの
城しか知らない私にとっては盲点でした。

ってそうじゃない、久石譲ですね。名前は当然知っていましたが
宮崎駿の作品を全く見ていないこと等もあって、どんな音楽を
しているのかは全く知りませんでした。つかwikipedeiaを読み
ましたがこの人凄いですね。教えてくださった2枚はチェックして
みます。ありがとうございました。

cota(管理人) #BqEwgRj. | URL | 2010/01/14 22:01 | edit

あ、ちなみに

私はドイツのJPCというオンラインストアで購入しました。

http://www.jpc.de/jpcng/

ひょっとしたらドイツ語で表示されるかも知れませんが英語への
切り換えもできます。注文するとドイツ語でメールが来ますが
読めなくても別に問題は無いです。

cota(管理人) #BqEwgRj. | URL | 2010/01/15 23:20 | edit

オンラインストアをご紹介頂きありがとうございます。
感謝です!
是非とも挑戦してみます。


あ、ちなみに・・・

1994年にリリースされた久石譲の「地上の楽園」という作品、Bill BrufordとDavid Crossが参加しちゃってます。あと、あんまり知らないけどBill Nelsonも。
これでボーカル&ベースがWettonだったら完璧だったんですけどね~。

でも久石のボーカルは実はちょっぴりWettonに似ていて、私は結構好きだったりします。

ただ、Crimson組のプレイそのものは何てことはない、お仕事モード全開であんまり面白くありませんが・・・。

久石譲って各種サントラを含めれば、Klaus Schulze並みかそれ以上の多作なので、当然外れも多かったりします。
購入の際はくれぐれもお気をつけください。

では。

ロックは無用 #YyyuZQ7E | URL | 2010/01/19 02:55 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/170-0ff53aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △