OneRepublic「Waking Up」(2009) 

wakingup.jpg

他の歌手に楽曲を提供する職業作曲家、Ryan Tedder率いるアメリカのバンドの2nd(1stは未聴)。YouTubeでサワリだけ聴いて「別にいいか」と思っていたのに何故か買ってしまった。

線の細いTedderのエモいヴォーカルからは声、メロディ共にさほど強烈な印象を受けないが、それよりもこのアルバムのウリは「ゴージャスなサウンド」。メンバーのクレジットを見るとギター、ベース、キーボード、ドラムの他にチェロだのヴィオラだの鉄琴だの「Beautiful Noises」だの、とにかく色んな音がブチ込まれている模様。

しかもアレンジの方向性が全曲違うとまでは言わないがバラバラ。一応、男臭さの薄いメジャー感溢れるヒット・ポテンシャルの高い楽曲群という意味では一貫しているが、リリカルなピアノとファルセットが繊細な世界を描いていたかと思えばいきなり合唱隊のコーラスが割り込んでくる“Mede For You”に始まり、R&Bな“Everybody Loves Me”や後半がPeter Gabriel「Us」みたいになる“Missing Persons 1&2”があるかと思えば“Waking Up”はまるでU2。しかも途中から荘厳なピアノバラードになる。とにかくアッパーなノリかつ途中でアレンジがガラッと変わる曲が多く、なんか「こんなこともできるから仕事くださいね!」てな感じでTedderによる「アレンジの見本市」を見せられている気分にすらなる。

個人的にはリーダーの異様なまでのマニアックな職人ぶりやVo以外のメンバーが替わっても影響なさそうなところがサザンオールスターズとカブるな。一音たりとも聞き逃したくない絶妙な音作りは、音楽的には好みの範疇からは外れるのに思わずレビューを書いてしまう完成度。バンドらしさは希薄だし楽曲的には売れセン寄りだが、ここは敢えてプログレッシャーにレコメンドしておこう。濃いよ。

2009/12/11 Fri. 22:55  edit

Category: CD/DVDレビュー:O

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/162-f9775994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △