Daughtry「Leave This Town」(2009) 

leavethistown.jpg

アメリカのリアリティ番組「アメリカン・アイドル」から綺羅星のごとく登場、1st「Daughtry」がビルボード1位を獲得したシンガー、Chris Daughtryが「Daughtry」というバンド名義で発表した2nd。Daughtry本人のみならず他のバンド・メンバーも作曲クレジットに名を連ねている。

音楽性はと言えば、ミドル・テンポがメインで分厚いコーラスとソコソコの音圧で押してくる、コッテコテの正統派ど真ん中アメリカン・ハード・ロック。シングル“No Surprise”はNickelbackぽい(と思ったらNickelbackのChad Kroegerとの共作だった)し、“Supernatural”は「Crush」「Bounce」の頃のBon Joviの匂いを感じる(ついでに言えば“Tennessee Line”の歌いまわしに一部Jon Bon Joviを意識したような箇所がある)。オープニングの“You Don't Belong”のヘヴィなリフなどはCreedのようでもあり。

つたない知識で「○○を感じさせる」部分をあげつらってみたが、誰それに似ているのがいいとか悪いとかいう話ではなく、超がつくほどの「王道」を受け継いでいるというだけの話。そして収録曲のクオリティが、どれもこれも腰が抜けそうなほど高い。さりげないメロディがスッと耳に馴染む。「これ、わからないヤツにはわからなくていいとか思ってるでしょ?」なマイナーなプログレ方面を主に聴いている耳には感動的ですらある。日本盤ボートラですら本国でシングル・カットされてもおかしくない出来。

Chris Daughtryのクリアな美声を聴かせることに焦点が当てられており、他のメンバーの顔が見えてこないとか、ありきたりすぎるとかいうツッコミも可ないかにも「評論家ウケの悪そうなアルバム」ではある。でもいいよ。アメリカン・アイドル出身という肩書きにひるむ必要は全くない。前述のバンドが好きなら一聴の価値はある。


Daughtry“No Surprise”

2009/09/22 Tue. 22:21  edit

Category: CD/DVDレビュー:D

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

まさかのマツリダ。

ノーサプライズって絶対競馬場では聴きたくない曲ですね。Daughtryってクール・ファイブの前川清みたいなポジションですね。まあクール・ファイブは「内山田洋とクール・ファイブ」ですが。いずれ馬主になるんでしょうかね~。

顔で判断するとアイドルとおっさんの中間って感じでしょうか?日本で言ったら男闘呼組という認識でOKですか。

俺が松田だ(田植えふう) #JalddpaA | URL | 2009/09/29 01:47 | edit

大外じゃなければ

買っていたんですけどね。ノリが手綱をしごいてハナを切った瞬間に
「あ~終わったな~」て感じでした。

クールファイブ、となれば内山田さんは誰でしょうね?それはそうとこれでヴォーカルが金髪イケメンだったら日本でも人気が出たかも知れませんけどね。

男闘呼組とはまたタイムリーな(笑)。それだとあまりに古臭いのでつるの剛士ということでどうでしょうか。しかしあの人のCD、湘南乃風と同じぐらい誰が買っているのかわかりません。

cota(管理人) #BqEwgRj. | URL | 2009/09/30 20:11 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/151-1398c276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △