Rush「Rush In Rio」(2003) 

rushinrio.jpg

※「1997年~2006年の10枚+1」第10回→他のレビューはこちら

The BeatlesもLed ZeppelinもThe Rolling StonesもBlack Sabbathも…ええと、後は何があるかな?とにかく、年寄りからでも若者からでも(勿論、その両方からでも)いいのだけれど「これを聴かずしてロックを語るなかれ!」みたいな扱いを受けてるミュージシャンてどれくらいいるんですかね?恐らくその大半を私は聴いていないか少しかじっただけで「ま、これはいいや」とうっちゃったままにしてあるのだが、そんな私が数多ある伝説的ミュージシャンを差し置いて「これを聴かずしてロックを語るなかれ!」と声を大にしてお勧めしたいのが「Rush In Rio」である。

Rushも十分伝説的な存在だとは思うが、まあその話は措くとして、この作品はDVD、即ち映像も込みで1つの作品である。というワケで今回はCDではなく、DVDのレビューである。正味な話、コレはDVDで観ないと意味がない…とまでは言わんが、得られる感動が10倍ぐらい違うので、是非映像込みで鑑賞して欲しい(高いのがネックなんだが…)。

2002年発表の「Vapor Trails」アルバムのツアーを収録したもので、タイトルの通り、収録会場はブラジルのリオデジャネイロが選ばれている。ブラジルでの3日間で計12万5千人を前にして演奏したそうで、最終日のリオには4万人のフリークが集結している。

そう、フリーク。この日の観客にはまさにその呼称が相応しい。1曲目“Tom Sawyer”のイントロで早くもクライマックスに到達。主の帰りを喜ぶ忠犬のように昂ぶる感情を爆発させ、踊り、歌う。1曲終わるごとに爆音のような歓声。インスト“YYZ”ですら彼らは歌う。圧倒的なオーディエンスの反応に誘発され、バンドの演奏もまた、熱を帯びていく。まさに理想的なライヴのあり方であるが、特筆すべきは観客の熱狂ぶりがハンパではないことだ。飢えた野獣でももう少しジェントルだろう。日本人には到底マネできない、これがブラジリアン・クオリティ。このDVDのMVPは間違いなく彼ら。

私もここにいたかったと思うと同時に、日本での公演が半ば絶望的なことを思い知らされる映像でもある。要は「これくらい客(=金)を集めないと北米から遠く離れた地には来てくれない」ということだから。豪州やシンガポールあたりとセットでアジア・ツアーでも組めば4万人も集める必要はないが、それでも大阪城ホールや横浜アリーナぐらい満杯に出来ないとダメだろう。新宿厚生年金会館ぐらいなら満員にできるかも知れないが、それでは話にならんのである。冷静に考えたら、日本じゃムリよね。

Rushのファンでもなんでもない友人にこのDVDを貸したら、3時間に及ぶライヴを「ぶっ通しで4回連続観た」そうである。アホだ。アホだが、ファンでもなんでもない人間をそれだけ釘付けにできるだけの凄さがある、ということだ。新旧取り混ぜた選曲もベストオブとして最適、“La Villa Strangiato”やDisc 2に収められたドキュメンタリーでのAlex Lifeson(G)のお茶目すぎる振舞いなど、見所は有り余るほどある。3人の演奏は言わずもがな。一家に一枚、究極の一枚(2枚組だから二枚か)であります(海原雄山のほうが好きと仰るなら「至高の二枚」でもいいです)。




「Rush In Rio」より“YYZ”。ファンの熱狂ぶりに刮目せよ。

2009/07/17 Fri. 22:55  edit

Category: CD/DVDレビュー:R

Thread: ロック - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/144-7d0a5a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △