The Gathering「The West Pole」(2009) 

westpole.jpg

オランダ産バンドの20周年を飾る9th。前作「Home」を最後にバンドを脱退したAnnek van Giersbergenに代わってSilje Wergelandを新Voとして迎えて製作された。ちなみに、新Vo以外にも“Capitol Of Nowhere”でAnne van den Hoogen、“Pale Traces”でMarcela Bovioという2人の女性Voが参加している。

Annekが文字通りバンドの「顔」だっただけにまずはSiljeの歌に関心が向くワケだが、濁りのない美声という点では共通しているが、真正面から突き刺さってくるようなシリアスさを持つAnnekと比べると、包み込むような、より女性的な空気を纏った声、という印象。ひとまずスタジオでの実力には文句なし。さすがにライヴ映像を見ると前任者ほどのオーラは感じられないが、まあそこは今後の成長に期待ということで。

内容に目をやると、冒頭のインスト“When Trust Becomes Sound”は躍動感溢れるギターやドラムが荒削りな若々しささえ感じさせる曲で、続く“Treasure”に至っては、雲の切れ間から差し込む光を感じさせる暖かく美しいメロディや“When Trust~”に続くキメの粗い音のギター等が、何と言うか、エモい。こういう作風の曲ってあまり書いたことがないのでは?3曲目の“All You Are”からしばらくは従前のトリップ・ポップ/ノイズ・アンビエント路線が続くが、前述のAnneがよりコケティッシュな、そしてMarcelaがアダルト寄りなヴォーカルを聴かせていて、作品全体で上手く起伏を作り出している。“No One Spoke”“A Constant Run”のやはりエモ風味2曲でラストスパート、Siljeがキッチリ作品を締めている。

無論「Mandylion」「Nighttime Birds」の雄大なゴシック・メタル路線はその残渣すら感じられないが、ここ数作の閉塞感はすっかり払拭されており、メロディが前向きで分かりやすくなっているのが良い。“Treasure”“A Constant Run”は(構成にもうひとひねり欲しい気もするが)名曲だと思う。大好き。今年上半期の一番星。


The Gathering“Treasure”

2009/06/29 Mon. 22:19  edit

Category: CD/DVDレビュー:G

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/141-e0113109
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △