逃げ馬だけに。 

http://www.sanspo.com/keiba/top/ke200703/ke2007031905.html

マドモアゼルドパリが福島牝馬S出走の予定を取りやめ、引退することになった。

この馬は美浦の厩舎所属で、京都で一度走った以外は関西以西での出走はない。それゆえ、昨年10月に1600万下の身分で重賞の府中牝馬Sに出てくるまで名前も知らなかったのだが、その府中牝馬Sで「大穴はこれだ!」と思って単勝だったか複勝だったか馬単の軸だったか、とにかく馬券を買っていたのだ。そしたら発走直前に発馬機内で暴れて故障発生→競争除外。

残念至極ではあったが、これで次に人気を下げれば…と思っていたら京都に遠征をかけてきて、これが16頭立ての単勝11番人気で超・人気薄。狙うならここだった。

しかしこのときはオリエントチャームやファランドールといった、これまた以前から気になっていた馬が出てきており、「オリエントチャームはヤネ幸やし、内枠からうまいこと馬群をさばいて追い込んでこれるとは思えん」「ファランドール、ちょっとここでは足りんような気がするな~」と、マドモアゼルドパリ購入直前まで行きつつも大外枠にひるんでこれまた購入に踏み切れず、悩みに悩みぬいた挙句、見に回ったらマドモアゼルドパリ、勝ってしまった。あーあー。

ラストランとなった次走、5番人気に推された中山牝馬Sでは「多分来ない」と思いつつ弱気になってヒモに入れたらやっぱり惨敗、これで人気が落ちる次こそは…と思っていたら引退してしまった。あーあー。

コッチが捕まえる前に文字通り逃げられてしまったカタチではある。この借りは子供に返していただきたい。血統的にどうなのかはわからんが、社台だし、いい種馬をあてがわれるのではないだろうか。いや、むしろ二流の父で仔を産み、その仔が人気薄で激走するタイプに育つのがベスト。何せコチラはお母さんの単勝40倍をみすみす逃しているのだ。あの時の情けない思いは忘れんぞ。

2007/03/19 Mon. 21:55  edit

Category: 競馬

Thread: 中央競馬 - Janre: ギャンブル

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/14-f41dea21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △