Devin Townsend Project「Ki」(2009) 

ki.jpg

「Ziltoid The Omniscient」以来2年ぶりの新作。HevyDevy(Devinの個人レーベル)からプレオーダーで購入(ブックレットの背面にDevinのサインが入っている)。Devin Townsend Projectとしては1stとなるこの「Ki」は、アルバムごとに全く異なるキャラクターを持つ4部作の第1弾なのだそう(ミュージシャンもそれぞれ異なる人材を起用するらしい)。

正直なところ、はじめはこのアルバムの意図というか、どう接すればいいのかがサッパリわからなかった。ドラム(何とHeartの1stで叩いた人)はリズム・キーパーに徹していてオカズらしいオカズは全くなく、ヴォーカルはスクリームを含めて高音域になるべく頼らずに様々な表現技法を試しているかのよう。濁らせた声で歌っているパートもあるのだが、曲の展開上やむを得ずそうした、という感じで、総じて「激しい音楽を聴くことで得られるカタルシス」とは無縁。

彼の音楽にしては物凄くシンプルで、アンビエントなポップスという趣きすらあるのだが、それだけにメロディの輪郭が比較的ハッキリしており、「Synchestra」あたりよりは分かり易いかも知れない(あまり自信がないな…)。時折導入されている女性ヴォーカルは良いアクセントになっている。あと、ギターの響きが非常に良いことを付け加えておきたい。今更ながら、Devinてギター上手いね。

ドラッグに頼らずに曲作りを進めた(ドラッグなしでは曲を書くことが難しい状態に陥っていたらしい)せいか、良くも悪くも「憑き物が落ちた」ような出来。今までとの方向性の違いや生来のマニアックさ故に、ハードコアなファンの間でしかウケないかも知れないが、神経質さをポップで覆い隠したようなジャンルレスな雰囲気が個人的には結構好みではある。メロディも良い。


Devin Townsend Project“Ki”
アルバム中、最もアンビエント色が濃いナンバー。

2009/06/05 Fri. 22:06  edit

Category: CD/DVDレビュー:D

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 2

top △

コメント

早速

早速オーダーしました(笑)。
確かにSynchestra風なアンビエントを感じさせつつ、ポップ度が増して良さそうですね。大音量で部屋を満たしたい感じです。

シュン #eqP7eH0Y | URL | 2009/06/06 07:40 | edit

どっちかっつーとInfinity風かも。作品そのものは抽象性が減少
しているので、とにかくシンプルなドラムに慣れたら結構いいの
ではないかなー、と。

cota(管理人) #BqEwgRj. | URL | 2009/06/06 19:40 | edit

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/137-09e63cb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △