今沢カゲロウ(Quagero Imazawa)「Bass Days」(2006) 

bassdays.jpg

※「1997年~2006年の10枚+1」第8回→他のレビューはこちらから

「自らの演奏をその場でサンプリングしてどんどん重ねていく一人多重アンサンブル」スタイルの、時系列的観点で見れば恐らく始祖、あるいは極めて始祖に近い存在と思われるのが日本人ベーシスト、今沢カゲロウである。6弦フレットレスを縦横無尽に駆使して作られる彼のアルバムはこれまでも拙ブログで数枚紹介してきたが、今回紹介するのは通算11作目にしてメジャー・デビュー作となる「Bass Days」。リメイクを含むオリジナル7曲+ジャズのスタンダード4曲(“A Night In Tunisia”“Maiden Voyage”“Autumn Leaves”“Naima”)+スティーヴー・ワンダーのカヴァー1曲(“Don't You Worry 'Bout A Thing”)の計12曲が収録されている。

初めて聴く人はスラップ、2フィンガー、タッピングといった様々な奏法を超高速で繰り出してくるオープナーの“Encyclopedia Of Bass Art”で度肝を抜かれるに違いない。今沢トランス路線の極北とでも呼べそうな曲だが、バカテクの光速速弾きが彼の全てではない。ベースの暖かい響きを活かした“Trefoil”“IL”等のバラードや、パーカッションを従えて高速で演奏される“Autumn Leaves”、ベース・シンセ(469種類の楽器の音色をシミュレートできるらしい)によりメロトロン風サウンドがサイケデリックな彩りを添える“Don't You Worry 'Bout A Thing”など、音楽的バックグラウンドの広さを背景に「誰も聴いた事のないような音楽を作る」「他人の曲ですら強烈なオリジナリティを刻み込む」際立ったセンス、これこそが彼の根幹を成しているものだと思う。録音が良くて聴き易い点もマル。ゲストで数曲ずつ参加しているドラマー(神保彰、Art Hand)も非常に良いプレイを聴かせてくれる。

同じようなことをやれと言われればやれる人はいるだろうが、やったところでモノマネにしかならないためフォロワーの出ようがない、という時点で彼の勝ち。私が初めてライヴを見た時、会場のマスター(G)とその友人(Dr)が今沢とセッションをしたのだが、そのときの「他の人になんて説明したらエエかわからんでしょ?『もうゴツイんよ』としか」というマスターの弁が全てを物語っている。「独創的」という言葉はこの人のためにある。さらにそのオリジナリティを猛烈な練習で獲得した技術で至高の域に高めていて、まあ何と言うか、口アングリですわ。アルバムもそうだが、機会があれば是非ライヴを体験して欲しい。何せ年間200公演ぐらいやってるらしいですから。

2009年になって、今沢はソロ・パフォーマンスだけでなくトリオ編成でのライヴにも取り組み始めている。個人的には「バンド・サウンドの中での今沢カゲロウ」に強い興味がある(ライヴでアマチュア相手のセッションを聴いたことがあるから余計に)ので、できることならバンド編成でのアルバム発売も期待したい。


今沢カゲロウ“Encyclopedia Of Bass Art”

2009/05/21 Thu. 22:12  edit

Category: CD/DVDレビュー:国内あ

Thread: 邦楽 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/136-255dc19d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △