Nik Bärtsch's Ronin「Stoa」(2006) 

stoa.jpg

※「1997年~2006年の10枚+1」第7回→他のレビューはこちらから

スイス出身のピアニスト/コンポーザー、Nik Bärtsch(Bartsch、Baertsch)率いるクインテット、Roninの4th(ライヴ盤含む)。チューリッヒ市からの援助を受けて神戸に滞在していた2003年9月~2004年3月の間に作曲された全5曲が収録されている。バンド名のRoninは日本語の浪人から取られたもので、Bärtsch自身は日本の文化に傾倒しているのだそう(音楽から直接的にそれを感じ取ることは難しいが)。

ピアノ、フェンダー・ローズ+コントラバス、バス・クラリネット+ベース+ドラム+パーカッションという編成からなるインストゥルメンタルの作品だが、ピアノがソロを取って弾きまくるというような展開は一切なく、ミニマルなフレーズの反復を軸にして各楽器が寄り添ったり乖離したりしながら、少しずつ表情を変えていくような感じ。極端な程に構築性の高い音楽を指向している。

こういう風に書くと物凄くストイックなサウンドを想像されるだろうし実際そうなのだが、一見無機質なようでいて実際のところは非常に肉感的な音になっているのが最大の特徴。Bärtschは自身の音楽を「Ritual Groove Music」「禅ファンク」と称しているが、どう聴いてもジャズの匂いがしないうねるベースや、微妙なビートのズレ、或いは終盤でのたたみかけるようなアンサンブルが生み出すグルーヴがたまらなく心地良い。ヘタをするとジャズ/ジャズ・ロックの枠に押し込められそうな音だが、そういうのとはハッキリと一線を画している。

アコースティック楽器がメインの柔らかい音色のおかげもあろうが、複雑かつ個性的な音楽でありながら非常に聴き易い。贅肉がないのに非常に表情豊かで、全然飽きない。Bärtschのキャリアの中で間違いなくマイルストーンとなる傑作。私は、彼らこそが世界一滑らかに9拍子を使いこなす(しかも異なるビートを同時に鳴らしながら)グループだと思うぞ。


現時点での最新作「Holon」(2008年)より“Modul 42”。少しミニマル度低めの、分かり易い音楽性にシフトしているがサウンドの方向性は基本的に同じ。

2009/04/27 Mon. 21:33  edit

Category: CD/DVDレビュー:N

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/133-07ab0f9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △