James LaBrie's Mullmuzzler「2」(2001) 

mullmuzzler2.jpg

※「1997年~2006年の10枚+1」第6回→他のレビューはこちらから

Dream Theater(以下DT)のヴォーカリスト、James LaBrieのソロ・プロジェクトMullmuzzlerの2nd。Magellan、Dali's Dilemmma及びShadow Galleryのメンバーがソングライティングに参加、プレイヤー陣にはMike Mangini(Dr)やMike Keneally(G)の名も。

LaBrieは所謂「エゴ」が希薄なのだろうか、インスト・パートが肥大し、時にはジャイアニック・ヴォイスを持つ(要はヴォーカリストとしての才能に欠ける)ドラマーがヴォーカルを奪い取ってしまうDTにおける状況下で、表立って文句を言うでもなく精一杯のパフォーマンスを見せているのだが、率直に言って、このアルバムにおける歌唱の方がLaBrieの良さがよく発揮されている。

大きなくくりで言えば「プログレ・ハード」という、DTと同じカテゴリーに属する音だが、要は、焦点が「ヴォーカルを単なる1パートと捉えた上でのDTらしさ」に向けられているか「ヴォーカルそのもの」に向けられているかの違い。このアルバムが発表された時期は「Awake」ツアーで来日時に酷い風邪にかかって喉に負ったダメージから回復しておらず、LaBrieのヴォーカルに対する厳しい声が高まっていた頃だが、幼児虐待を取り上げたシリアスかつヘヴィな“Venice Burning”“Confronting The Devil”での力強い歌唱もさることながら、“Falling”“Believe”“Listening”といったバラード系楽曲での繊細な歌は特筆モノ。

アルバムには10曲収録されているが、前記の5曲は表現に深みが感じられて非常に良い。それ以外はDTの路線から長ったらしいインスト・パートを省いて歌モノに方向転換したような感じの曲が多数で、個人的にはまあまあかな。DTのようなエクストリームなモノを期待すると肩透かしを食らうだろうが、この作品はあくまでLaBrieのエモーショナルな歌唱を味わうためのものだし、その目的は十二分に達成されている。私は好きです。


James LaBrie's Mullmuzzler“Falling”

2009/03/17 Tue. 23:23  edit

Category: CD/DVDレビュー:J

Thread: HR/HM - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/129-42bbed44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △