Steven Wilson「Insurgentes」(2009) 

insurgents.jpg

Porcupine Tree(以下PT)の首領、Steven Wilsonのソロ・アルバム。何やら日本盤と欧州盤でフォーマットが異なるとか、さらにそれ以外に限定盤が存在するとか複雑な話になっているが、私は素直に国内盤を購入。本編とは別に5曲入りのボーナス・ディスクがついてきているのはいいが「アーティスト・サイドの意向により」歌詞もその邦訳も解説もないという超不親切仕様。

楽曲は同一フレーズの反復/発展を軸としたサイケデリックかつノイジーなものが多く、プログレ・ハード的な場面展開を用いるPTとはだいぶ方向性が異なる。8分を超える“No Twilight Within The Court Of The Sun”は第3期King Crimson、特にライヴ盤4枚組「The Great Deceiver」のインプロ曲を彷彿させる緊迫→一瞬の静寂→爆発という道筋をたどるインストメインのナンバーで、整合性よりも衝動性を重んじているようで実際の仕上がりは丁寧なパッケージングが施されている、という感のある本作を象徴する曲になっている。

一方、音楽的な方向性こそPTと異なるものの、殻の中に閉じこもってしまっているような、内省的で煮え切らない音像はPT「Fear Of A Blank Planet」と軌を一にしており、バンド編成のPTとは異なる組み合わせでPTと差別化を図っているのは分かるが、パッと聴く限りだとハッキリと見分けがつかない。

せめてドラマーはPTのGavin Harrison以外の人材を登用した方が良かったのではないかなあ、という気はするが、それよりもゲストの使い方に問題があるような。せっかくTony Levin(B)や八木美知依(筝)といった豪華なゲストを招いているのに、そういったゲスト陣までもが殻の中に押し込まれてしまっているような印象を受ける。八木の筝については「安易な東洋エキゾチシズムの導入」という使い方になっていないのがせめてもの救いではあるが。

PT「Fear Of A Blank Planet」のレビューで「ゲスト(Alex LifesonとRobert Fripp)が目立たない」点について少しだけ触れたが、結局はSteven Wilsonが「全て自分の色に染め上げないと気が済まない」タイプのミュージシャンなのだろう。これは良し悪しではなく好き嫌いの問題なので、まあ仕方なかろうて。しかし前述の“No Twilight~”や暗鬱なインスト“Twilight Coda”でピアノを弾いているJordan Rudessだけはモノトーンの世界に同化しつつも自らを輝かせているように思えた。やはりこの人は別格。

隅から隅までマニアックかつ神経質な作りなのであまり強くオススメする気にはなれないのだが、私自身そういうのは好き(かつ、音がいい)ので、なんだかんだ言いつつも結構聴いている。ただ、キャッチーなメロディのポップ・ソングも書ける人(ボーナスの2枚目に収録された、八木の筝をフィーチュアした“Collecting Space”は結構いい)なので、次(PTであれソロであれ)はそういうのも期待したいところではある。


Steven Wilson“Abondoner”アルバムとは少しアレンジが異なる。

2009/02/23 Mon. 23:34  edit

Category: CD/DVDレビュー:S

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/127-b4df90ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △