Terry Bozzio@大阪BIGCAT(2008.11.26) 

Terry Bozzioは昨年1月にOut Trioで見ているのだが、共演者にTony Levinの名前があったので行ってきた。King Crimsonの活動が暗礁に乗り上げている上に自身も62歳と高齢で「これを逃したら二度と見られないかも知れない」と考えての参戦である(私、生Tony Levinを見たことがなかったんです…)。

会場に入ると客の数は130~140人と言ったところか。4人がけの小さな正方形のテーブルと椅子が20組並べられており、スカスカした感じはなかったがメンツを考えるとやや寂しいかも。私は後方に並べられていた椅子席のPA前に陣取った。ステージに目をやると、向かって左側にステージの半分を占拠するBozzioの常軌を逸した(バスドラが7個あったりする)ドラム・キット。開演前に沢山の人が写真に収めていた。真ん中にLevinのチャップマン・スティックと5弦のNSアップライト・ベース、そして右側にはもう1人の共演者、Pat Mastelottoのドラム・キット。普通のセットだがやたらとシンプルに見える。

内容は2部構成で、前後半いずれも40分ほどのインプロヴィゼーション(即興演奏)。メンツを見た時点で普通のロックやジャズをやるとは思えず「Mastelottoがサンプラーやシーケンスをひゃかひゃか鳴らして、それにLevinやBozzioが絡む」というスタイル以外考えられなかったのだが、ほぼ予想は当たり。というか、Mastelottoはドラムを叩かないものだと思っていました(叩かなくていい、とすら思っていた。理由は後述)。まあ普通に考えてそんなことあるワケないんだが。

でまあ、Mastelottoもドラムを叩いたのだが、この人、常に何かせずにはいられないタイプのプレイヤーのようで、純粋にドラム×2+ベース(またはスティック)でドコドコと突き進む場面はプリミティヴな衝動性が伺えて結構良かったのだが、Bozzioのエンジンがようやく掛かってきた、というところでMastelottoが余計な合いの手を入れて勢いを殺いでしまうシーンも…。また、シーケンスを駆使する場面では、Mastelottoがシーケンスを鳴らしつつ自分も結構な手数でドラムを叩くので、残り2名、特にBozzioの入り込む余地がなくなる場面多数。Bozzioはちょっと辛そうだった。アンコールでTony Levinの最新ソロ「Stick Man」から“Welcome”を演奏(ヴォーカルはなし)して終了。ちょっと長い休憩も含めて2時間15分程度のライヴだった。

休憩中に「Bozzioいらねえよ」という声まで聞こえてしまうぐらい存在感が薄く感じられる場面が多く、Bozzioには少し可哀相なライヴだったかも知れない。「Mastelottoは叩かなくていい」と思っていたのはMastelottoに対する好き嫌いの問題ではなく、まさに今回のような「どちらかが引いてしまう」という状況を危惧していたから。しかも引いたのがよりによってBozzioで、こちらにしてみれば随分ガッカリなことになってしまった。この音楽性にしてドラマー×2というのは、2人のキャラクターを考えると多すぎたのだと思う。

ヴァイオリンの弓を使ってスティックを弾いて中東風のフレーズを出したり、エフェクターが発するノイズのオンオフでリズムを作り出したりしていたTony Levinは、私が知っている独創的なベースおじさんそのものだったが、ライヴそのものからは「彼を見られて良かった」以上の興奮や感激は得られなかった。各人の出す音そのものは非常にカッコ良かったのですがね(Mastelottoて、8ビートのシンプルなロックを叩いたときが一番光るんじゃないかと思ったのだが、どうでしょうか?)。

ひょっとすると、即興演奏の鑑賞というのは聴き手に忍耐やある程度の素養が要求されるもので、私にはそれが足りなかった、ということかも知れない。

2008/11/27 Thu. 23:20  edit

Category: ライヴレポ、雑記等

Thread: LIVE、イベント - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/117-4473840e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △