非思量

Marillion「Happiness Is The Road」(2008)

happinessistheroad.jpg

前作「Somewhere Else」から約1年半という、比較的短いインターヴァルで発表された15th。「Essence」「The Hard Shoulder」というサブタイトルがつけられた2枚に分かれており、市場には1枚ずつバラで流通している。プレ・オーダー盤は2枚組が1セットになっており、Antonio Seijasというスペイン人イラストレイター(MySpace)の作品をフィーチュアした、非常に豪華な装丁のブックレットが2冊、紙のケースに収められている(一般流通は通常のプラケース)。「Essence」のほうには“Half Full Jam”という(ブックレットの表記から察するに)ボーナス・トラックが収録されているが、一般流通のバラ売りでも収録されているのかどうかは不明。

中身について触れていくと、これは「Essence」「The Hard Shoulder」の両方に言えることだが、例えば前作の“Most Toys”のようなアップ・テンポなナンバーは存在せず、情感溢れるラスト(“Happiness Is The Road”“Real Tears For Sale”)に焦点を合わせ、それに向かって他の楽曲がお膳立てをしているような感じ、とでも言えばいいだろうか。物凄く極端に言うと「1枚1曲」と言えるぐらい、CD1枚の中でサウンドの方向性、世界観が統一されている。ただ、そのラストへ向かうまでの音像が「Essence」「The Hard Shoulder」でかなり異なっており、「Essence」は「Marbles」の浮遊感を持つ叙情路線、「The Hard Shoulder」の方は「Radiation」「Anoraknophobia」あたりのオルタナティヴ路線で、それぞれ、そこに「Somewhere Else」の透明感が加えられたような雰囲気になっている。

穏やかな起伏の波に身を委ねるような音楽性には一点の揺らぎもないが、「Somewhere~」でゴッソリ抜け落ちてしまっていたドラマ性が見事に復活しているのが最大のポイント。それぞれ、ラストの“Happiness Is The Road”“Real Tears For Sale”が圧倒的な存在感を放っているが、そこまでの流れの中でも要所要所でヤマ場が用意されていて、初めから最後まで一音も聴き逃せないと思わせるパワーが漲っている。ここ10年の、まさに集大成を思わせる圧巻の出来。

私にとっては「Brave」「Afraid Of Sunlight」が音楽遍歴の物凄く重要な位置を占めているので、この作品を「最高傑作」と呼ぶことにはかなりのためらいがある。まあ、ムリ。しかし、「Afraid~」の後EMIをドロップされてから色んな意味での紆余曲折を経て、ここに1つの金字塔を打ち立てたことは間違いない。前述のように1枚ずつのバラ売りだが、2枚を聴き比べてくることでそれぞれの凄さが浮き上がってくるように出来ているので、この駄文を読んで興味を持った方は、是非、2枚とも購入していただきたい。

正直、彼らにまだこれだけのモノを作るパワーがあるとは思っていなかった。参りました。


Marillion“Happiness Is The Road”

Newest

Comment

Leave a comment