Lena Platonos「Diaries」(2008)

diaries.jpg

ギリシャの女性シンガー、Lena Platonosの8年ぶりとなるソロ。彼女の作品を聴くのは初めて。

全般的に実験的というかアヴァンギャルドな色彩が濃く、ゲスト・ヴォーカルを招いた2曲を除いて、無機質なエレクトロニカ・サウンドを従え、これまた感情の起伏に乏しいLenaの語りが淡々と繰り広げられる、というのが基本パターンで、平均2分台の短めのナンバーが14曲40分弱に渡って雑然と並べられているような感じ。

各楽曲はヤマが来る前にプツッと終わってしまったりフェードアウトしてしまう曲が多いのだが、個々の楽曲は結構なインパクトを有しており、何より作品を取り巻くダークネス、緊張感、妖艶さというのは「孤高」という言葉すら想起させるほどに圧倒的。

ポップではあるのだがモノ凄くクセの強い、ハッキリ言ってしまえば異様な作品で、ダメな人は匂いをかいだだけで拒絶するけど、一旦好きになるとその匂いも含めてハマッてしまいそうな珍味の趣き。結構キャリアの長い人なのだが、過去の作品や、Savina Yannatouとの共演作も聴いてみたくなった。個人的には結構オススメです。


Lena Platonos“I Love You”

0 Comments

Leave a comment