Devin Townsend「The Hummer」 

hummer.jpg


今月の困ったちゃん。

私ゃてっきり「Accelrated Evolution」の輸入盤に存在した「Special Edition」の2枚目に収録されていたProject Ekoの3曲のような、バンドを電子音に置き換えてギターも控えめ(いや、曲によっては結構弾いてるな)、でもデヴィン節は全開、みたいなのを期待していたのだ。

でもそういう風になはならなかった。まあ、Devinの公式サイトHevydevy Recordsでもハッキリと「Devin's second ambient album. Calm & peaceful noises to fall asleep to. Not for everyone」(ちなみに「first ambient aibum」は「Devlab」という作品で、これもHevydevy Recordsでのみ購入可能。私は未聴)と書かれてあったので、ある程度覚悟はしていたが。

中身は「Terria」「Synchestra」の静的な部分を増幅させたサウンドスケープ、とでも言えばいいか。基本的にはHevydevyの但し書き通り、アンビエントで、Strapping Young Ladからは想像もつかないぐらい穏やかでピースフル、聴いているうちに寝る、万人向けではない。

ただ、サウンド・メイキングには人一倍こだわりを持っているデヴィン故、ダラダラと心地よい音をただ垂れ流しているのではなく、低周波ノイズ等の効果音を随所で挿入するなど、よく考えて作りこまれているので、耳を済ませて聴いていれば意外と飽きない(ベッドの中で電気を消して聴いていたら速攻で寝るけど)。全6曲中、15分を超える曲が半分を占めるが、そちらよりもむしろ短い尺の“Conciousness Causes Collapse”のフルートの音色や、“Equation”“The Abacus”の、場面が変わる瞬間のメロディにハッとさせられる。

Strapping Young Ladなど、一連のデヴィンの作品とのギャップという意味でも興味深い作品ではあるが、Hevydevy Recordsでしか手に入らないし、やはり熱心なファン向けの作品と言えよう。

Hevydevy Records

2007/03/07 Wed. 23:12  edit

Category: CD/DVDレビュー:D

Thread: 洋楽 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://hishiryo.blog95.fc2.com/tb.php/10-7f823224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △