Einar Stray Orchestra「Dear Bigotry」(2017) 

dearbigotry.jpg

ノルウェー産、Vo,Key+Cello,Vo+Violin+B+Drという編成の5人組による3rd。

国内盤のオビに「(デビュー前に)Godspeed You ! Black Emperorにインスパイアされて書いた楽曲が~」とあるが、GY!BEの影響は“20,000 Nights”のエンディングで聴こえるノイズ調の音等、ちょっとしたアクセントとして現れる程度。作品の核をなしているのは、ストリングスをメインに据えた大らかなサウンドと目まぐるしく現れる変拍子、そして男女ヴォーカルが歌うキャッチーなメロディである。

しょっぱなの“Last Lie”を聴いていて、やや音の輪郭がボヤけた、ドリーミィでサイケデリックな系統のヤツかなと思ったが、ドラムがシャープで粒の立った音で、男性Voが低音でぼそぼそと歌っている曲ではむしろThe Nationalっぽさを感じさせる場面もあったり。影響を受けているのか、着想の元になっているルーツに共通項があるのか。このテの音を出す人達にしては珍しく(?)骨っぽいサウンドに仕上がっていると思う。

アルバムのリリースに先立ち公開された“Penny For Your Thoughts”が結構衝撃を受けるレヴェルで良かったので思わずアルバムを購入してしまったが、タイトル・トラックを始め、結構なクオリティの楽曲が揃っている。瑞々しさ溢れる佳作。オススメ。


Einar Stray Orchestra“Penny For Your Thoughts”

2017/07/29 Sat. 21:43  edit

Category: CD/DVDレビュー:E

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

Nguyên Lê & Ngô Hồng Quang「Hà Nội Duo」(2017) 

hanoiduo.jpg

ヴェトナム系フランス人ギタリスト、Nguyên Lê(Nguyen Le:グエン・レ)が、ヴェトナム人歌手/弦楽器奏者のNgô Hồng Quang(Ngo Hong Quang)との双頭体制で制作したアルバム。

Qaungが使う各種民族楽器のみならず、曲によってインドのタブラ及びカンジーラ、日本の琴といったアジアの楽器がフィーチュアされており、例えばみやざきみえこの琴をフィーチュアした“A Night With You, Gone”では闇夜にライトアップされた紅葉が浮かんでくる(“A Night With You, Gone”はオリジナル曲ではなくヴェトナムの民謡のようですが)ように、多国籍といえばいいのか無国籍といえばいいのかよくわからんが、いずれにせよアジアン・テイストをこれでもかと匂わせる作風。

なんかもうね、曲も演奏もいいんですわ。“Heaven's Gourd”“Beggar's Love Song”でギターとヴェトナムの弦楽器が絶妙の絡みを聴かせ、“Chiéc Khãn Piêu”(多分Doãn Nhoのカヴァー)はインドの口タブラがダイナミズムを与え、“The Graceful Seal”は控えめなプログラミングが現代的な空気を運んでくる。Leのギターはオレがオレがといった感じで前面に出てくることはないが、それでも弾くべきところでは存分に弾き倒している。複数の曲で参加しているPaolo Fresuのトランペットは深い色合いを楽曲に与え、伸びやかなQuangの歌も大変良い。絶妙な匙加減と溢れんばかりのオリジナリティ。推奨物件です。


Nguyên Lê & Ngô Hồng Quang“Like Mountain Birds”


Nguyên Lê & Ngô Hồng Quang“Heaven's Gourd”

2017/07/09 Sun. 21:11  edit

Category: CD/DVDレビュー:N

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △