sora tob sakana「cocoon ep」(2017) 

cocoon.jpg


この記事の掲載日時点で平均年齢14歳の4人組アイドルユニットによるEP。

「音楽プロデュースを照井順政(ハイスイノナサ、siraph etc)が手掛けており、ポストロックとエレクトロニカを基調にした物語性の強い楽曲と表情豊かでまっすぐなパフォーマンスが唯一無二の世界観を作り出している。」とは公式サイトにある触れ込みだが、リーダー・トラックの“ribbon”を聴いて、奇数拍子を織り込んで暴れまわるリズム隊に唖然茫然。全6曲中3曲が生バンドの演奏で、この“ribbon”もさることながら、“夢の盗賊”での鋭角的なサウンドのギターもなかなかのインパクト。“透明な怪物”はピアノをバックに従えた穏やかな合唱曲といった風情で、ここで一旦トーンダウン、と見せかけてやっぱり鋭角なギターとリズム隊がブリブリ割り込んでくる。面白いなあ、これ。

エレクトロニカ色を強めた残り3曲も込みでなかなかに隙の少ない良作だと思うのだが、こうなるとちょっと気になるのが歌唱のつたなさ。「年端もゆかぬ女の子の歌に何を無粋な」っつー話ではあるんだが、好事家受けからもう一段上にステップアップしようとすると、歌が今のレヴェルでは壁にぶち当たるような気がする。Babymetalが広い層にアピールした理由も、まあ色々あるのだろうけど「歌が人並み外れて上手い」というのは要素の一つとして無視できないと思うのだ。実際、メタル好きではない私の知人(♀)が「Su-Metalちゃんの歌が上手過ぎる」という理由でBabymetalを愛聴していたりするし。

まあそれが技量であれ何であれ「替えの効かない」感は重要、何事も中途半端は良くない。持って生まれた才能に負うところも大きい話なので難しいところはあるかも知れないが、いずれにせよ、さらなる精進を。とはいえ、個人的にはかなり気に入った。アイドルでこれやるかという意外性と完成度の高さ。大変クールである。


sora tob sakana“ribbon”

2017/04/22 Sat. 09:22  edit

Category: CD/DVDレビュー:国内さ

Thread: 邦楽 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

Marillion来日! 

「Brave」で彼らの音楽にハマッてから23年。赤ん坊が生まれ、順調に育てば大学を出て就職するまでの年月。Marillionが日本にやってくる。待ち焦がれたなんてもんじゃない。というか、そもそも期待してなかった。その23年間の約半分は国内盤の発売すらなかったんだぞ。




「Sounds That Can't Be Made」「Fuck Everyone And Run」はプレオーダー盤と国内盤の両方を買った。願掛けでもしている気分というか、Hoping against hopeつーのはこういう状況を指すのかね…と自虐的になっていたが、いやはや、命あっての物種である。生きていて良かった。

これでチケットが取れなかったら最早死あるのみ。さすがに取れると思いますが。どの曲をやるのか想像もつかないがアンコールで“Garden Party”をやりそうな予感だけはあるので“I'm fuckin!”と叫ぶ練習だけはしておこうと思います。2日とも行くぞコノヤロー変な仕事入るんじゃねえぞ!入れたって働かんからな!


Marillion“Living In F E A R”

2017/04/17 Mon. 23:33  edit

Category: ライヴレポ、雑記等

Thread: プログレッシヴロック - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

Richard Barbieri「Planets + Persona」(2017) 

planets_persona.jpg

元Japanで、拙ブログで採り上げる諸作品でもチョコチョコとその名が出てくるキーボーディスト、Richard Barbieriの「Stranger Inside」(2008)以来実に9年ぶりとなる3rdソロ。

2006年のPorcupine Tree来日公演(大阪南港にあったZepp Osakaで、客が250人ぐらいしかいなかった)で、会場全体を上から包み込むように降り注ぐ荘厳な彼のサウンドにノックアウトされたことが今でも懐かしく思い出される(ちなみに前座はRobert Frippのサウンドスケープによるソロ・パフォーマンスで、2割近くの客が寝ていた)が、このアルバムで主に聴こえてくるのはトランペットやアコースティック・ギター等のゲストをフィーチュアした、指でつついただけで壊れてしまいそうなほどの繊細なサウンドの連なり。

明確なメロディを奏でているワケではないしミニマルな印象を感じさせる瞬間すらあるのだが、パーカッションでメリハリをつけつつここぞという場面で霧があたりを包み込むかのように例のサウンドが立ち上り、結果、脳裏にムーディな情景が浮かんでくる作品に仕上がっている。キラキラと煌くサウンドが万華鏡のように現れては消える“New Found Land”が本作のハイライト。饒舌さはなく、内省的な音なのだが、聴いた後に不思議なインパクトが残る美しい作品。良い。


Richard Barbieri“Solar Sea”

2017/04/14 Fri. 22:29  edit

Category: CD/DVDレビュー:R

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

amazarashi「Message Bottle」(2017) 

messagebottle.jpg

amazarashi、初のベスト・アルバム。インディーズ時代も含め、これまでリリースされたシングル/EP/アルバムから満遍なく選ばれており、私のようなにわかファンにはありがたいつくり。昔だったら頑張って全作品集めたと思うんだが、旧譜に手を出す元気というか気合というか、おじちゃんそういうのがもうないんだよなあ。

曲はリリースされた時系列に並んでいるので、音の変遷がわかりやすい…と言ってもメジャー系(ソニー)からのリリースとなった3曲目“夏を待っていました”から多重ヴォーカルや多彩で厚みのあるアレンジが加わり一気に洗練の度合いが増したかな、という程度。インディーズ時代に“つじつま合わせに生まれた僕等”が生み出されているワケで、絶妙なタイミングで放たれる強いインパクトを持つ言葉を、朴訥な歌唱で歌い上げる音楽性というかセンスは初期の時点で確立していると言っていいのだろう。

このベスト盤が初出となる“ヒーロー”と“つじつま合わせに生まれた僕等”のリレコーディング版を含む26曲が収録されているが、サビメロがどキャッチーなアップテンポの“スターライト”が一番好きかな。この曲は名曲だと思う。2月にリリースされたシングル“命にふさわしい”は悲愴感に満ちたシリアスでドラマティックなナンバー。こういうの、大好き。あと“ライフイズビューティフル”が収録されているのが個人的には嬉しい。「歌詞を見ながら聴きたい曲が、いまいくつあるだろう」というのがこのユニットのキャッチコピーだが、こういうしんみりとした曲は結構ハマる。


amazarashi“命にふさわしい”

2017/04/07 Fri. 21:00  edit

Category: CD/DVDレビュー:国内あ

Thread: 邦楽 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △