非思量

Thinking Plague「Hoping Against Hope」(2017)

hopingagainsthope.jpg

女性Vo+G×2+B+Drにサックス/クラリネット/フルート奏者を加えた(その他ピアノやオーボエ等ゲストあり)キャリア35年を誇るアメリカ産6人組の5年ぶり7th。私が購入したのはCuneiformリリースの輸入盤だが、ディスクユニオンから国内盤も発売されている模様。

5th「A History Of Madness」(2003)で彼らの音楽に初めて接したときはこのテの音楽をあまり聴いたことがなかったので随分興奮したものだが、要はレコメン系とかRIOとか呼ばれるアヴァンギャルドなチェンバー・ロック。表情に乏しい女性Vo(前作からヴォーカルがDeborah PerryからElaine di Falcoに交代しているが、歌唱の方向性というかキャラクターは同一)、パキパキと屈折しまくるアンサンブル、アコースティックを多用した欝々としたサウンド。大雑把に纏めればそういう感じ。

親しみやすい、という言葉からはとても遠いところにある、テレビではまず流れないタイプの音楽。とりたててドラマティックなワケでもなく、わかりやすいクライマックスもない。深夜にテレビをつけてこんな音楽が流れてきたら、ちょっと怖い。誰もいない部屋でに壁に向かって独り言をつぶやいているかのような薄気味悪さが場を支配している。2本のアコギが紡ぎだす不協和音が印象的な演奏時間約10分のタイトル・トラックや、13分45秒の間ひたすら不穏で邪悪なアンサンブルを聴かせ続けるラストの“A Dirge For The Unwitting”といった、尺の長い曲が良かった。こういうメインストリームの香りが微塵もしない音楽を聴いていると「あーこれぞプログレだわー」という実感が湧いてくるな。


Thinking Plague“The Echoes Of Their Cries”

Newest