非思量

archive: 2017年02月  1/1

Marillion「A Sunday Night Above The Rain」(2017)

昨年「Fuck Everyone And Run」をリリースしたMarillionのライヴ・アルバム。…と言っても新作に伴うツアーを収録したものではなく、2012年発表の佳作「Sounds That Can't Be Made」リリースの翌年にオランダで行われた「Marillion Weekend」(3日連続で行われる、ファン感謝デー的な企画ライヴ)の一夜を収録したもの。Marillion、毎年のようにライヴ盤をこれでもかとリリースしてくるので、近年はいちいち追いかけるのが面倒臭く...

  •  0
  •  0

水曜日のカンパネラ「Superman」(2017)

曰く「メジャー1stフルアルバム」。10曲入り36分の本作と7曲入り32分の「UMA」(2016)を分けるものが何なのかは判らないが、まああまり面倒くさいことは言いますまい。今回も装丁は凝っていて、ジャケットはCDホルダーと一体化されており、広げるとそれ自体がコムアイのポスター、裏面が歌詞カード、というつくり。「UMA」が外部のミュージシャンに作曲を委嘱したせいか、ポップさという意味においては若干薄味に感じられたのだが...

  •  0
  •  0

Bonobo「Migration」(2017)

イギリス出身のエレクトロニカ系ミュージシャン/サウンド・プロデューサー、Simon GreenがBonobo名義でリリースした6th。彼の作品を聴くのは初めて。各ピースが決められた場所にカッチリ配置された、完成されたパズルのような音とでも申しましょうか。プログラミングオンリーではなく、生楽器やフィールド録音をふんだんに用いてオーガニックな響きを強調しつつ、ロックやジャズ等のフィジカルな音楽が持つグルーヴとは縁遠い、逸...

  •  0
  •  0