Dizrhythmia「Too」(2016) 

too.jpg

現行King Crimsonに参加しているJakko M Jakszyk(G,Vo)とGavin Harrison(Dr,Per)プラスDanny Thompson(B)、Pandit Dinesh(Per)からなるDizrhythmiaの2nd。セルフ・タイトルの1stが1988年リリースなので、実に28年ぶりのアルバムということになる。レコーディング・メンバーとしてDave Stewart(Pf)が全曲に参加、Richard Barbieriもいくつかの曲でシンセを演奏しているほか、チェロやホーンも一部の曲で加わっている。

澄んだ空気を漂わせるジャズをベースにパーカッションやシンセで味付けを施したインストでJakszykのソフトなヴォーカルを聴かせるアルバム(インスト曲も3曲あり)。King Crimsonのような過度の緊張感や難解さは感じられず、ある種の荒っぽさが求められるKing Crimsonには合わない、David SylvianやDavid Gilmourに通ずる声質のJakszykもここではなかなか良い歌を聴かせる。

たおやかなメロディの美しさが印象的な佳作。上品でゆったりとした流れの中、時折シャープな表情を見せるインストも味わい深い。私ゃKing Crimsonよりもコチラのゲストがフル参加した編成のライヴを観たいよ。


Dizrhythmia“Chinese Doll”

2016/12/28 Wed. 23:20  edit

Category: CD/DVDレビュー:D

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

Hattler「Warhol Holidays」(2016) 

warholholidays.jpg

ドイツのベーシスト、Hellmut Hattlerのソロ。2010年の「Gotham City Beach Club Suite」以来、個人的にはご無沙汰していたんだが、その間もソロ作やJoo KlausとのユニットTab Two、Kraan等で活発に活動していた模様。

私が初めて購入した「Bass Cuts」(2004)の時からサウンドにほとんど変化がないのだが、時流におもねっている様子がこれっぽっちもないせいか、古さを感じさせないタイムレスなものに聴こえる。曲ごとにミュージシャンを使い分けて(VoのFola Dadaは固定)多彩なサウンドを聴かせるのだが、基本的には華美な装飾を避けたシンプルなものに仕上がっていることが、そう思わせる一因なのかも。

曲も然り。享楽的なムードは以前から一貫しているが、今回はどこかメロディに艶があるというか、フックのある曲が多く、聴いていて大変楽しい。“Anything At All”とか、柔らかいタッチの声で歌われる伸びやかなメロディが大変麗しい。バラード調の“Mountain Bike”も良い。

あまり低域を強調しない軽やかなHattlerのピック弾きベースの切れ味もまた不変。良作。オススメ。


Hattler“Mountain Bike”

2016/12/23 Fri. 01:08  edit

Category: CD/DVDレビュー:H

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

King Crimson「Three Of A Perfect Pair」(1984) 

threeofaperfectpair.jpg

King Crimsonについては「Adrian Belew在籍時原理主義者」です。40周年記念シリーズ、80年代の3枚だけはコンプリートしました。全部輸入盤だけど。

私にとってのKing Crimsonはじめの一歩は「Three Of A Perfect Pair - Live In Japan 1984」という映像作品だった。Dream Theaterを筆頭とする洋楽メタルにハマりつつあった90年代前半のこと。どこでKing Crimsonの名前を見つけてどうやってこの作品にたどり着いたのか、さっぱり思い出せないのだが、その後一番最初に買ったKing Crimsonのアルバムがこの「Three Of A Perfect Pair」。

スラップとディレイを組み合わせたベースが楽曲の核をなす“Sleepless”、単調なリズムの繰り返しを軸に即興の要素を織り込んだ“Industry”、ドラムがひたすら機械的にビートを刻む“Larks' Tongues In Aspic Part III”等、テレビで流れる音楽(と、若干のメタル)しか知らない若造に浴びせられるものとしては十分過ぎる程の「ヘンな音楽」。

とは言え映像で一度はこれらの曲を耳にしているワケで、当時このアルバムを聴いていて違和感というか、ヘンな音楽を聴いている感を増幅させていたのが、90年代を席巻したヘヴィでオーガニックなサウンドとは正反対の、80年代中盤なりの都会的というか、人のぬくもりが全く感じられないそれ。90年代に入ってメタルにハマり出した身には随分と異様なものに映った。今改めて聴くと、その冷たい感触が「Discipline」(1981)「Beat」(1982)よりも徹底しているというか、容赦ない感じがしてこれはこれで味わい深いのだが。

よくぞここから「全スタジオ盤コンプリート」まで辿り着けたものである。ま、その後「Thrak」(1995)を購入したのがデカいと思いますけど。そこから「Red」(1974)をはじめとする第3期以前のアルバムに繋がっていったので。

なんだか厳しい物言いに終始しているように見えてしまうかも知れないが、冷静に眺めれば、Adrian BelewのポップなセンスやBill Brufordのジャズ指向が当時のCrimsonの方向性と程よく融和した、良い意味で「バンドの作品」なのではないかと思う(悪く言えば「妥協の産物」)。それなりにヘンな音楽を色々聴いてきて思うんだが、それらに比べればKing Crimsonは圧倒的に「ポップでフレンドリー」なバンドである。だから若かりし頃の私も違和感を抱きつつ何回も聴いていたのだろうし、その後ズッポリとはまってしまうのも必然だったのかも知れない。

50周年を目の前に控えてリリースされた40周年記念盤、他のアルバム同様Steven Wilsonによるリミックスが施されており、30周年記念盤と比較するとヒスノイズがキレイに除去された「Discipline」ほどの明快な変化は感じられないものの、ヴォーカルのミックスが少し変わっていたり、これまで意識することのなかった部分が耳に残るようになっている箇所もある。僅かな差ではあるが低音は輪郭がクッキリと聴こえるようになり、厚みも増している。

2016/12/03 Sat. 11:08  edit

Category: CD/DVDレビュー:K

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △