非思量

archive: 2016年11月  1/1

Wakrat「Wakrat」(2016)

Rage Against The Machineのベーシスト、Tim Commerfordがメンバーにその名を連ねるWakratのデビュー作。なおバンド名はドラマーであるMathias Wakratのファミリー・ネーム。ギタリストはLaurent Grangeon。アルバム・カヴァーの裏面に「Punk rock lives!」と書かれていて、確かに全9曲28分弱で駆け抜ける刹那主義的な疾走感はパンク的だが、パンク的な荒々しさとメタル的なヘヴィネスを組み合わせた生々しさがどこか懐かしさを感...

  •  0
  •  0

水曜日のカンパネラ「UMA」「Superkid」(2016)

 メジャーデビュー作となった「UMA」、なんとなくレビューを書く時期を逸したままここまで来てしまったので、新譜が出たタイミングで2枚まとめて紹介。「UMA」は、一部楽曲の作曲を外部に委嘱しており、特にコムアイが作詞を手掛けたラスト2曲“バク”“クラーケン”が異彩を放っている。“クラーケン”なんて作曲がBrandt Brauer Frickで、あの欝々としたジャーマン・プログレに通ずる硬質なサウンドにコムアイの不器用なヴォーカルが...

  •  0
  •  0

Alter Bridge「The Last Hero」(2016)

「Fortress」から3年ぶりとなる5th。国内盤の帯に「これが真のアリーナ級ハード・ロックだ」とあり、ポスト・グランジ(この表現、Mark Tremontiは嫌っているようだが)寄りの重々しいサウンドを聴かせる彼らに似つかわしい言葉なのかな、と聴く前はやや不思議に思っていたのだが、“We are all too divided this time”なんて歌詞がこれ以上なくアメリカの現状を言い表したオープナー“Show Me A Leader”をはじめ、重々しさよりも勇...

  •  0
  •  0