2013年の5枚。 

ついこないだ紅白で生演奏がどうとか口パクがどうとか書いたばかりのような気がするが、もう2013年が終わろうとしているのであった。というワケで恒例のヤツ。本当は今年買ったCDであと1、2枚紹介したい作品があるのだが諸事情でソチラは年が明けてから、ということで。

2013年に購入したCD/DVDから5枚をピックアップ。順位はつけずにアルファベット順に紹介。

1.Alter Bridge「Fortress」

fortress01.jpg

レビューはこちら

予想外に良かった1枚。何と2014年2月に来日するのだが、ウェンブリーで興行を打てるバンドの来日公演が恵比寿リキッドルームと梅田クラブクアトロ。よく呼べたものだ。梅田のチケットは取ったが平日のど真ん中に行けるだろうか。


2.Anna Pingina「Ahimsa」

ahimsa.jpg

レビューはこちら

楽曲は洗練されてきたがゴツゴツした触感がなんとも独特。


3.Blue October「Sway」

sway.jpg

レビューはこちら



しみじみといいアルバムである。この曲とか大好き。



4.John Hollenbeck「Songs I Like A Lot」


songsilikealot.jpg

レビューはこちら

Hollenbeckらしい流麗さと原曲のポップさが上手く融合したカヴァー・アルバム。


5.きゃりーぱみゅぱみゅ「なんだこれくしょん」


nandacollection.jpg

レビューはこちら

5枚中4枚は割りとスンナリ決まったのだが、5枚目をどれにするかで結構迷った。いくつかの候補から「2013年の5枚+α」の「+α」に登場しないこのアルバムが消去法的に選ばれた。いや結構好きですけどね。

2013/12/27 Fri. 23:02  edit

Category: 2013年の5枚+α

Thread: 音楽のある生活 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

Pryapisme「Hyperblast Super Collider」(2013) 

hyperblastsupercollider.jpg

フランスの5人組による2nd。彼らの作品を聴くのは今作が初めて。

物凄く頭悪そう。最初に浮かんだ感想がコレ。思い浮かんだフレーズを後先考えず(実際は考えてるんだろうけど)に切り貼りした、フリー・ジャズのような無茶なインスト・メタル(少しだけ歌詞がある曲もあるがほとんど添え物扱いなのでインストと言っていいと思う)。これだけなら今時さして珍しくもなさそうだが、面白いというか若者らしいセンスというか、変わっているのはファミコンのような8bit系ピコピコ・サウンド(&猫の鳴き声)をこれでもかと投入しているところ。

ピコピコとブラストとその他SEが入り乱れていて聴いた後にグッタリする特濃アルバムだが、時々ひょこっと現れる人懐っこいメロディや騒々しい音が一瞬消えてソフトになる展開で一息つくことが出来る。意外と緩急がついていて、やはり何も考えてないということはないのだな、と。しかし一息ついたと思ったらまたピコピコとブラストとその他SEによるけたたましい地獄絵図が展開されてもう何をかいわんや。

ラストは“禿山の一夜”のカヴァーだが繰り広げられる音世界はオリジナルと変わる所はない。なぜか曲中、某日本人占い師を日本語でdisっていて、どこでこんなしょうもないネタを仕入れたのか知らないが、いずれにせよおかしなセンスで埋め尽くされた1枚であると言えよう。テクニカルなメタルが好きでバカっぽいヤツが許容できるなら是非。


Pryapisme“Un Druide Est Giboyeux Lorsqu'il Se Prend Pour Un Neutrino”

2013/12/21 Sat. 22:13  edit

Category: CD/DVDレビュー:P

Thread: HR/HM - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 2

top △

Scott Stapp「Proof Of Life」(2013) 

proofoflife.jpg

Creedのシンガー、Scott Stappの「The Great Divide」(2005)以来となる2ndソロ。

前作のことをCreedの再結成作「Full Circle」(2009)のレビューで「煮え切らない音像のCreed」と表現した。要はヴォーカルと他の楽器のバランスが悪い(ヴォーカルが前に出過ぎ)でグズグズした感じだったのだが、新作は段違いに聴き易くなった。プロデューサーが替わったのが大きいのかな…と思ったらHoward Bensonて「Full Circle」でもプロデューサーやってた人か。

曲調にも変化が。前作の大仰かつ荘厳、何を歌っているのか分からなくてもやたら説教臭く感じるStappワールドがやや影を潜め、「Full Circle」からMark Tremonti色を取り除き、コアでないリスナー向けに仕立て直したような作り。シングル・カットされた“Slow Suicide”はCreedのイメージを残すヘヴィな曲だが、“Proof Of Life”のアコギ+6拍子+サビ最後の部分のハーモニーなどはアメリカン・ロックの王道ど真ん中を感じさせる。全体を通して重苦しさは感じられない。

勿論、ポスト・グランジの人なのでヘア・メタルのような陽気なサウンドになったりはしていないが、「Full Circle」に収録されていた“Rain”のようなカラッとした表情が窺える瞬間というのは結構ある。“Rain”も好きな曲なので個人的には問題なし。刺激的ではないが洗練された良盤。


Scott Stapp“Slow Suicide”

2013/12/09 Mon. 01:41  edit

Category: CD/DVDレビュー:S

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △