FC2ブログ

非思量

archive: 2013年10月  1/1

RX「Heliosphere」(2013)

石川俊介(ゼノン石川、B)と雷電湯澤(ライデン湯沢、Dr)聖飢魔IIのリズム隊プラス、聖飢魔IIでサポート・メンバーとしてキーボードやアレンジを担当していた松崎雄一(怪人松崎様、Key+Programming)からなるフュージョン・ユニット、RXの5th(ライヴ盤を含めると通算6枚目)。1st「Chemical Reaction」(1991)はオリコン14位とフュージョンとしては異例のヒットを記録し、収録曲はテレビ番組のBGMでもよく使われ(“S.T.F.”は...

  •  0
  •  0

Friend Roulette「I'm Sorry You Hit Your Head」(2013)

ブルックリンを拠点にしているVo(♂),G,Synth+Vo(♀),Vl+Bass Clarinet,Ewi+Per×2という特異な編成の5人組による1st。インディー系にありがちなややモヤッとしたサウンドと60年代のサイケデリックを祖とするような浮遊感のあるメロディの組み合わせ。チェンバー・ポップとかアヴァン・ポップに分類される音だと思う。このテの音にありがちなほんわかぱっぱした雰囲気が支配的ではあるが、メロディは案外コシがあるし、基本プリミ...

  •  0
  •  0

Alter Bridge「Fortress」(2013)

Creedのインスト隊+SlashのVoからなるアメリカン・ハード・ロック~オルタナティヴ・メタル4人組の4th。国内盤ライナーノーツの中でMyles Kennedy(Vo,G)が「今作ではかつてやったことのないことにもいくつか挑戦していて(後略)」と述べているが、オープナー“Cry Of Achilles”イントロの哀愁漂うアコギ(からダイナミックなパートに繋ぐ展開)や中間の複雑なリズムのセクション、本編ラスト“Fortress”中間の引きずるような疾走...

  •  0
  •  0

Anathema「Universal」(2013)

Anathemaがブルガリアの古代劇場で行ったライヴを収録したCD/DVD2枚組。現地のProvdiv Philharmonic Orchestraと共演(余談だがこのオケ、この9月にAsiaとも共演している模様)しており、同作品はこの他Blu-Rayでも発売されている。K-Scopeらしい豪華なデジパック装丁のジャケット。表紙をめくると表紙裏のプラスチックトレイに鎮座しているのはDVD。ここで「おや?」と思った。普通、CDとDVDのセットだったらここにセットされて...

  •  0
  •  0