非思量

archive: 2012年06月  1/1

Rush「Clockwork Angels」(2012)

カナダの至宝、通算19枚目。米ビルボードで2位を記録、デビュー38年目にして「Counterparts」(1993)と並ぶ過去最高のチャート・アクションを記録している。私がこのアルバムの収録曲で一番最初に耳にしたのは“Headlong Flight”だった(既にYouTubeに上がっていた“Caravan”“BU2B”は敢えて聴かないようにしていた。ちなみに“Headlong~”は誘惑に負けて公式PVをつい見てしまった)。高音域も積極的に活用したVoや「Snakes & Arrows...

  •  0
  •  0

Gotye「Making Mirrors」(2011)

ベルギー生まれ、オーストラリア育ちのSSW、Gotye(ゴティエ)の3rd。昨年オーストラリアでリリース、今年に入って米英でリリースされるとシングル"Somebody That I Used To Know"が大ヒット、両国でチャート1位を獲得したモンスター・アルバム(本国オーストラリアや欧州各国でもチャート1位を獲得している)。たまたまMTVにチャンネルを合わせたらこれが流れていて、なんとなく惹かれるものがあって購入。その声質はStingやPeter...

  •  0
  •  0

Geoff Tate脱退(?)によせて。

No image

私が入院している間に何してるアルか!Queensryche Parts Ways With Geoff Tateこちらは日本語の記事。…要はGeoff Tateがバンドから追われた、ということらしい。Geoffの後任はCrimson GloryのTodd La Torreなる人物。うーん、知らない。まあ私が知らないのはどうでもいいことだが、最初はGeoff以外のQR組+ToddがRising Westなるバンド名でQRの最初の5枚(「Empire」まで、ですな)の曲を演奏していたそうで。元々QRというバンドは...

  •  0
  •  0

Anathema「Weather Systems」(2012)

退院しました。これからもよろしくお願いします。予告どおり復帰一枚目は英国産元デス・メタル、現モダン・プログレ・バンド、Anathemaの新作。2008年に「Hindsight」をリリースするまで長期間作品をリリースしない時期があったが、「We're Here Because We're Here」(2010)、旧曲をリアレンジしてオーケストラとの共演に仕上げた「Falling Deeper」(2011)から3年連続で作品をリリースしていることになり、彼らを取り巻く状況...

  •  0
  •  0