Gavin Harrison & 05Ric「The Man Who Sold Himself」(2012) 

themanwhosoldhimself.jpg

Porcupine TreeのGavin Harrison(Dr,B,G)とこのユニット以外で名前を見かけることが全くない謎のドラマー/ベーシスト、05Ric(Vo,Touch Guitar)のデュオ3作目。CD+DVD-Aの2枚組でK Scopeからのリリース。AnathemaやSteve Hogarth & Richard Barbieriなど、最近ここからリリースされた作品を購入する機会が増えているが、どれもこれもブックレットがやけに豪勢である。安いのにね。糊付けが数年でバラバラになりそうな危うさを孕んではいるんだが。

前作「Circles」(2009)で異彩を放ちまくっていた05Ricのレロレロしまくるソロ・パートの出番は大幅に減り、05Ricの歌を聴かせる方向へと舵を切っているように思える。名前も含めて謎めいた人物であるがこの05Ric氏、楽器のみならず、David Sylvianに通ずるジェントルな声質や、クールでありながら時折メランコリックな表情を見せるメロディのセンスもなかなかに捨てがたい。

しかしドラムとベースのデュオという特異な編成もあり、シャープなリズム隊がクールな表情を保ちつつグログロウネウネと遠慮なしに蠢き回るバックの演奏は全くもって普通ではなかったり。前衛と大衆性の境界を、前衛の方に視線を向けつつ綱渡りするような、(メロディもいいけど)リズム隊が物凄く目立っている音楽が好きならより楽しめるであろう1枚。

2012/03/16 Fri. 21:52  edit

Category: CD/DVDレビュー:G

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

Shining「Live Blackjazz」(2011) 

liveblackjazz.jpg

ジャズの素養を持つ変態ハードコア~ブラック・メタル~プログレ・メタル5人組の「Blackjazz」(2010)リリースに伴うツアーを収録したCD+DVDの2枚組セット。DVDがCDよりも収録曲が2曲多く、一部曲順も異なる。

バンドの地元ノルウェーで収録されており、現地語(英語字幕あり)によるMCの間はリラックスしたムードも漂うが、演奏はスタジオ盤同様、物凄いテンションで畳み掛けてくる容赦のないもの。楽曲はまったくもってヤケクソそのものだが、演奏は一切の破綻を見せず、恐ろしいほどの一体感で迫ってくる。昔、Dennis ChambersをNiacinで見たときに感じた「ジャズ畑の人が本気出して(かどうか知らんが)ロックをやるとエラいことになるな…」という印象を久しぶりに抱いた。

リマスター&ミックスに「Blackjazz」と同じスタッフを迎えて製作されており、切れ味鋭いサウンドにライヴの生々しさが加味。"21st Century Schizoid Man"カヴァーを含む「Blackjazz」収録曲から旧譜収録曲まで、この「完璧に統率されたカオス」はちょっと普通ではない。「Blackjazz」が気に入った方は必聴。「Blackjazz」を聴いていない方はそちらも併せて聴いていただきたい。吐いても知らんけど。数年前に来日経験があるらしいが、もう一度来てくれんもんだろうか。


Shining"Exit Sun"

2012/03/06 Tue. 20:59  edit

Category: CD/DVDレビュー:S

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △