非思量

インパクト重視で選ぶ'00年代の30枚(2002-2003年編)

このチョイスで本当に良かったのだろうか…と少々悩みつつもエントリは続く。40枚とか50枚だと少々多すぎる感じがしたもので…。

[2002年]
・Coldplay「A Rush Of Blood To The Head」
rushofbloodtothehead.jpg
今聴いてもこのアルバムで聴けるメロディは燦然と輝いてる。半面、リズム面のつまらなさは絶望的(この作品ではそれほど気にならないが次の「X & Y」の時はどうしたものかと思った)なほどで、最新作「Viva La Vida(以下略)」ではBrian Enoを迎え、そういった意味も含めてこれまでのイメージからの脱皮を図ったように見えるがまだまだ借り物臭が強くて発展途上な感じ。個人的には「A Rush~」1枚だけで完結したバンドなので正直あまり興味がないのだが、せいぜい頑張ってください(福田康夫元総理風に)。

・Rush「Vapor Trails」
vaportrails.jpg
半端ではない音圧や音の詰め込み方で描き出される圧倒的なテンションもさることながら、ワケのわからないドラム・ソロでスタートするあたりもJudas Priestの「Painkiller」と印象がカブる。色々あって前作「Test For Echo」から5年のインターヴァルが空いたが、その借りをキッチリ返す力作。

・Soilwork「Natural Born Chaos」
naturalbornchaos.jpg
3rdの時点で御大Rob Halfordが激賞していたという話は雑誌で読んで知っていた(ちなみに私自身はそのアルバムは未聴)が、この4thを聴いて納得。というか「デス声でポップ・ソングが書けるんだなあ」と感心した記憶が。

たまたまではあるが、この年はメインストリーム系が占めていますな(2010/01/03追記:Soilworkがメインストリーム系かどうかは微妙ですな)。反動というワケではないが2003年は一気に前衛への傾斜が強まるというか、獣道へ足を踏み入れていきます。

[2003年]
・Birdsongs Of The Mesozoic「The Iridium Controversy」
iridiumcontroversy.jpg
アヴァンギャルド・ミュージックへの入門編としてはこの辺りが最適かも知れない。力強さと軽やかさ、攻撃性とまろやかさ、抽象性と整合性がメロディックなサウンドの中で共存している。なんでもアリ感の強い作風で、雑食性リスナーにお勧め。


Birdsongs Of The Mesozoic“Race Point”

・Mercedes Peon「Ajru」
ajru.jpg
スペインはガリシア地方に伝わるトラッド・ミュージックの新解釈。今聴き返しても凄いインパクト。完璧にコントロールされているにも関わらずそのパワーは生半可ではない。

・Μιχάλης Γρηγορίου「Μπλέ」
ble.jpg
アルファベットで書くとMichalis Gregoriou「Ble」。ミハリス・グレゴリューさんという人の作品。これでギリシャの凄さを思い知らされた。クラシカル・テイストの幻想的かつシリアスな1枚。あまりの濃さにクラクラします。この作品に参加している女性ヴォーカリスト、Savina Yannatouがまた凄いのなんの。

・Thinking Plague「A History Of Madness」
historyofmadness.jpg
複雑なインストとコケティッシュかつ無機質な女性Voの取り合わせが、顔色一つ変えずに顔面にナタを振り下ろしてくる殺人鬼のような薄気味の悪さに繋がっている。邪悪。

自分で言ってりゃ世話ないが凄まじいチョイスである。全部濃い。この年に聴いた作品はここで選んだヤツ以外にも良い作品が結構あった印象があるなあ。

インパクト重視で選ぶ'00年代の30枚(2004-2005年編)

どんどん行きます。

[2004年]
・The Claudia Quintet「I, Claudia」
iclaudia.jpg
複雑で緻密、クールな音楽なのに柔らか味のある音とメロディが時折ロマンティックですらある名盤。

・Hattler「Bass Cuts」
basscuts.jpg
元々はKraanというジャズ・ロック~プログレ系バンドでベースを弾いていた人のソロ。この人のベースはいいよ。ベースが重ねられているのに全然クドくない。オシャレなアルバム…と言いたいところだがやはりドイツ人が作っただけあってどこかヘン。

・Jimmy Chamberlin Complex「Life Begins Again」
lifebeginsagain.jpg


Jimmy Chamberlin Complex“Streetcrawler”

Smashing PumpkinsもZwanも全く知らない(スマパンはかつて1枚だけ持っていたが全然理解できず売り飛ばした)がそのドラマーがやっていたバンドの唯一の作品はなぜか持っている。鍵盤を含む4人組が叩きまくりの弾きまくりで実にカッコ良い。

・Richard Barbieri「Things Buried」
thingsburied.jpg
元JapanでPorcupine Treeのキーボーディストとして知られるRichard Barbieriのソロ1st。ぶわーっと包み込むような感じのクールなシンセ・サウンドがかなりツボ。

[2005年]
・Dragonforce「Inhuman Rampage」
inhumanrampage.jpg
・Korpiklaani「Voice Of Wilderness」
voiceofwilderness.jpg
この2枚て同じ年に出ていたのか。前者はブラスト+ハイトーン、後者は怪しいフィドル奏者の存在が新しかったアホアホ・メタルの星。「メタルにもまだ可能性は残されているんだなあ」と感心させられた2枚。


Korpiklaaniの1st「Spirits Of The Forest」収録の“Wooden Pints”。当時は物好きの間で結構話題になっていたような。

・Sleeping People「Sleeping People」
sleepingpeople.jpg
ポスト・ハードコア、ポスト・ロック方面から出てきたバンドだがプログレッシャーにもアピールする音。こちら側から見れば物凄くディシプリンしている。残念ながらというか予想通りというか2ndは気の抜けたサイダーのようなというか、まったり聴く分にはまあいいかな、みたいな出来になっちゃった。

ここで挙げた作品は必ずしもリアルタイムで聴いているワケではない(と言ってもリリースからどんなに遅くとも2年以内には購入しているはず)が、ユーロ・ロック・プレスのレビューで「どの系統が自分の好みにマッチしているか」が大体わかってきたこともあり、この2年間に出た作品で接する音楽の振れ幅が一気に広がったような気がする。この雑誌で興味を持って取り寄せた音源がどれもこれもいちいち新鮮に感じられたのがこの頃。

インパクト重視で選ぶ'00年代の30枚(2006-2009年編)

この時期はこのブログをやっている期間とかなり被っているので、なるだけササッと流します。順位はつけず、年別にアルファベット順で並べてあります。

[2006年]
・Disillusion「Gloria」→レビュー
gloria.jpg
Disillusionはこれ以降アルバム出してないんだよなあ。相当クセのあるアルバムを出したせいで誰からも相手にされなくなったのではないかと心配になるが大丈夫だろうか。「Gloria」、個人的には生涯ベスト30ぐらいには余裕で入る作品なのだが。

・る*しろう「3.27830」
327830.jpg
鍵盤+ギター+ドラムのベースレス・トリオによるプロフェッショナルな演奏と金澤美也子の破綻したヴォーカルのギャップが尋常じゃないプログレッシヴかつパンキッシュな怪盤。ヴォーカルがなかったら単なるカッコいいシンフォ方面のプログレになるのであまりここで強くプッシュするような音ではなくなるのだがYouTubeではヴォーカル入りの曲が見つからなかった(Le Siloで検索すると出てきます)。吉祥寺とかでチョコチョコとライヴを行っているようなので興味のある方はそちらでどうぞ。

(2010/01/03追記)上記の文章を訂正。シンフォ方面と書いたが改めて聴き直したら完全にチェンバーの音だった。このエントリを書く際にも聴き返してるのだがどこで勘違いしたのか…。

・Nik Bartsch's Ronin「Stoa」→レビュー
stoa.jpg

・今沢カゲロウ「BassDays」→レビュー
bassdays.jpg

[2007年]
・Camvas Solaris「Cortical Tectonics」→レビュー
corticaltectonics.jpg

・James Blackshaw「The Cloud Of Unknowing」→レビュー
thecloudofunknowing.jpg

・The National「Boxer」→レビュー
boxer.jpg

「2000~2009年で1枚選べ」と言われたら「Boxer」を選んでしまうかも知れん。

The National“Fake Empire”

[2008年]
・捜血鬼「Quest For Blood」→レビュー
questforblood.jpg

この年はインパクトという意味ではあまり見るべきものがなかったのだがこれだけは別格。YouTubeで「Quest For Blood」で検索をかけると音源がアップされているので興味があれば是非(ブログに貼り付けできないようにされている)。こんなことを書くのもナンだが、アルバムで笛を吹いてる一噌幸弘と、ライヴで吹いている別の人の実力差は残酷なほどなので、ライヴの動画と見比べるのも一興。

[2009年]
・Doimoi「Dialectic And Apocalypse」→レビュー
dialecticandapocalypse.jpg

・Mute Math「Armistice」→レビュー
armistice.jpg

まだ今年は終わっていないがとりあえずこの2枚。2009年は良い作品が多かったように思う。CD購入量は昨年比で7割まで減ったのだがハズレは少なかった。それとも昨年ハズレが多すぎただけか?

(2010/01/03追記)2008年は更に間口を広げようとして失敗した、というのが正解かも。全然意味わからないの、あったからなあ。

Devin Townsend Project「Addicted」(2009)

addicted.jpg

Devin Townsend Project4部作の2枚目。ある時期からDevinのアルバムは輸入盤と国内盤でリリースのタイミングがエラくずれるようになって(当然、国内盤が後)、国内盤は長らく購入する機会がなかったのだが、今回は1ヶ月ほどのラグで国内盤が出たので久しぶりに国内盤を買った。ま、立ち読みしていた雑誌でレビューを見かけるまでリリース自体知らなかっただけですが。

The Devin Townsend Band時代のメンバーが起用されており、1枚目の「Ki」からはメンバーが大幅に変更されている。作品の核と成っているのは「Accelrated Evolution」「Terria」あるいはソロ名義の「Physicist」あたりに近いポップさ、適度なハードさ、そして「ウォール・オブ・サウンド」。Devin自身はアルバム解説(ライナーに付属)でこのアルバムのことを「しらふのパーティ」と表現しており、音の面で前作との関連性はあまりないと言っていいが、どこか憑き物が落ちたような感覚は共通している。

Strapping Young Ladを作った人間と同一人物のアルバムとは思えない明るい色彩で彩られているが、ポジティヴなムードの創出に最も貢献しているのが元The Gathering、現Agua De AnniqueのAnneke Van Giersbergen。日本では知名度が高いとは言い難いAnnekeだが個人的には最も好きな女性シンガーの1人で、The GatheringやAgua~とはかなり趣きの異なる、物凄くカラッとした勢いのあるメロディーを歌っていて、何と言うか、もう、たまらん。

メロディや音の使い方が定番化しつつあるのは否定できないし、昔のような尖った感じも随分と失われてしまったが、Annekeの声がDevinの音楽に新たな息吹を吹き込んだことは間違いない。恐らくDevinの声だけでは決してこのような爽やかな印象のアルバムにはならなかっただろう。Annekeの声が入った瞬間、色とりどりの花が咲き誇るような華やかな雰囲気になり、空気がAnnekeの世界に染まるのを感じる(それが気に入らない人もいるだろうが…)。ほとんどの曲で彼女の声が大きくフィーチュアされているが“Bend It Like Bender!”“Hyperdrive!”“Resolve!”などがかつてないほどポップかつ前向きなムードを漂わせていて大好き。DevinのプロデュースでAnnekeが歌うハード・ロックのアルバムとか、作ってくれんかしら。


“Bend It Like Bender!”

John Hollenbeck Large Ensemble「Eternal Interlude」(2009)

eternalinterlude.jpg

現代音楽/ジャズ・ロック方面のドラマー/コンポーザー、John Hollenbeckの名を冠した大編成バンドの2枚目。彼のことはThe Claudia Quintetの大傑作2nd「I, Claudia」(2004)で知ったのだが、そのThe Claudia~が作品を重ねるごとに徐々に私の好みから離れている感じがしていて、John Hollenbeck Large Ensemble名義の1枚目を含めて(というか、出ていること自体知らなかった)敬遠気味だった。ユーロ・ロック・プレスのレビューで興味を持ち、久々にこの人の作品を聴いてみたらこれが大当たり。

一貫してクールな雰囲気を保ちつつ目まぐるしい場面展開を見せる楽曲がメインで、演奏時間がそれぞれ19分、13分、17分に及ぶ“Eternal Interlude”“The Cloud”“Perceverance”の怒濤の構成はまさに圧巻の一言。元々ビッグ・バンド・ジャズ自体、そのゴージャスというか無駄の多そうなムードが鼻について好きではないのだが、楽曲から漂うのはジャズというよりはミニマル・ミュージックを思わせる簡潔なエッセンスで、ビッグ・バンドのゴタゴタしたところが私好みのキリっと引き締まった空気に変換されている。

正直、取っ付き易い作品とは言い難いのだが、フルート等のソフトな音色による小鳥のさえずりのようなメロディが作品に瑞々しい煌きを与えており、このあたりはまさにHollenbeckの面目躍如。The Claudia~のアルバムに収録された楽曲の再演もあるので、そちらのファン(て、いますかね?)も要チェック。物凄くカッコいいです。

OneRepublic「Waking Up」(2009)

wakingup.jpg

他の歌手に楽曲を提供する職業作曲家、Ryan Tedder率いるアメリカのバンドの2nd(1stは未聴)。YouTubeでサワリだけ聴いて「別にいいか」と思っていたのに何故か買ってしまった。

線の細いTedderのエモいヴォーカルからは声、メロディ共にさほど強烈な印象を受けないが、それよりもこのアルバムのウリは「ゴージャスなサウンド」。メンバーのクレジットを見るとギター、ベース、キーボード、ドラムの他にチェロだのヴィオラだの鉄琴だの「Beautiful Noises」だの、とにかく色んな音がブチ込まれている模様。

しかもアレンジの方向性が全曲違うとまでは言わないがバラバラ。一応、男臭さの薄いメジャー感溢れるヒット・ポテンシャルの高い楽曲群という意味では一貫しているが、リリカルなピアノとファルセットが繊細な世界を描いていたかと思えばいきなり合唱隊のコーラスが割り込んでくる“Mede For You”に始まり、R&Bな“Everybody Loves Me”や後半がPeter Gabriel「Us」みたいになる“Missing Persons 1&2”があるかと思えば“Waking Up”はまるでU2。しかも途中から荘厳なピアノバラードになる。とにかくアッパーなノリかつ途中でアレンジがガラッと変わる曲が多く、なんか「こんなこともできるから仕事くださいね!」てな感じでTedderによる「アレンジの見本市」を見せられている気分にすらなる。

個人的にはリーダーの異様なまでのマニアックな職人ぶりやVo以外のメンバーが替わっても影響なさそうなところがサザンオールスターズとカブるな。一音たりとも聞き逃したくない絶妙な音作りは、音楽的には好みの範疇からは外れるのに思わずレビューを書いてしまう完成度。バンドらしさは希薄だし楽曲的には売れセン寄りだが、ここは敢えてプログレッシャーにレコメンドしておこう。濃いよ。

Creed「Full Circle」(2009)

fullcircle.jpg

2004年の解散後、インスト隊(3rdではいなかったB含む)はAlter Bridge、Voはソロ・アルバムと別の道で活動していたCreedが再合流して製作されたアルバム。

元々、解散の原因はScott Stapp(Vo)のパーソナリティの問題で、解散後もAlter Bridgeが「メタル度2割増のCreed」、Stappのソロが「煮え切らない音像のCreed」ということで音楽性の相違はなかったため、新譜の音は2nd「Human Clay」のうすらぼんやりした部分を丁寧に払拭した3rd「Weathered」のヘヴィなサウンドを順当に引き継いでいる。

そんな中にも細かな変化、進化はしっかりと見て取れる。Judas Priest“Freewheel Burning”みたいな早口ヴォーカルが炸裂する1stシングル“Overcome”や、時々Megadethばりに細かく刻むギターややたら瞬発力のあるオカズを叩き込むドラムが「メタル2割増は続いてるよ!」とアピールする“Suddenly”などのメタル度が高くテンポのいいナンバーを配し、その合間をお得意の6拍子スロー~ミッド・テンポや荘厳なナンバーで埋め、さらにアコギを用いた、これまでになく明るい雰囲気を持つ“Rain”も投入、流れの良いアルバムになっている。

とは言えScott Stappの声、メロディは相変わらず暑苦しい。ついでにインスト隊がかつてなく主張しており暑苦しさに輪をかけている。“Bread Of Shame”とか、やり過ぎだろ。だがそこがいい。アメリカン・モダン・ロックの雛形を作った超大物、堂々の帰還である。買ってからリピートしまくってる。Alter BridgeのVoも奮闘していたが、やはり格が違うのかなあ。というか、やはりこの4人が揃ってこそのケミストリーというものがあるのだろう。


というワケでインスト隊大張り切りの“Bread Of Shame”。大好きッ…!

映画「Anvil! 夢を諦めきれない男たち」を観た。

関東では既に公開され、何かと話題になっていたAnvilのドキュメンタリー映画(原題:Anvil! The Story Of Anvil)がようやく大阪でも公開されたので観てきた。ネタバレ上等で感想なぞ書いてみる。一応ここから先はクリックしないと開かないようにしておくが、ここから先を読もうが読むまいが観ておいて損はないと思う。素晴らしい映画だった。

Gavin Harrison & 05Ric「Circles」(2009)

circles.jpg

Porcupine TreeやKing Crimsonのドラマー(前者はともかく後者の肩書きはまだ有効なのだろうか…)、Gavin Harrison(Dr,G,B)と、自身もドラマーであるという05Ric(Extended Range Bass,Vo)のデュオによる2作目。なお、1stは未聴。ちなみに05Ricは「おーふぁいぶりっく」と読む。さらに余談だがBurning Shedで購入したところ注文してからウチに届くまでがやたら速くて、何日かかったかは忘れたが確か10日もかからなかったような。「送ったよ!」というメールが届いた翌々日には届いていた。少しビックリ。

つんのめりそうなほどの極端なストップ&ゴーぶりを見せる緻密なドラムと、レロレロしまくる多弦ベースがひたすら突き放すようなクールな表情を見せる一方、ジェントルで伸びやかな声を持つ05Ricの歌はゆったりとしたメロディで、どことなく人懐っこさを感じさせる。ジャズ・ロック的な冷ややかさの中に、どこか開放感を感じさせるのが特徴。

Extended Range Bassなんて楽器を持ち出している時点で十分変態だが、変態は変態なりに結構考えているというか、アクが強い作風ながら聴き易さにも一定の配慮がなされており、メロディックな歌でもってこのアルバムが単なる「技術の展示会」に陥るのを防いでいる。Gavin Harrisonのドラムは存分に堪能できるので、Porcupine Tree等で彼のドラミングに魅かれた人はチェックしてみる価値はある、かも。


Gavin Harrison & 05Ric“Goodbye”(Excerpt)
途中のソロで使用されているのがExtended Range Bass。

Newest