Porcupine Tree「Fear Of A Blank Planet」 

fearofablankplanet.jpg


昨年の2度にわたる来日(例のUDOのアレと11月の単独公演)で可哀相になるぐらい少数のオーディエンス(私が観に行ったZEPP OSAKAでは2000人入る会場に250人ぐらいしかいなかった)の前で素晴らしい演奏を披露したPorcupine Treeの新作。日本でブレイクしたら昨年の来日、伝説になるのにな。

オビやブックレットで2曲目“My Ashes”の日本語表記が「マイ・アッッシェズ」になっていて軽く呆れた後(レコード会社の人、誰か気づけよ)ライナーノーツに目を通してみると、文体がいかにもマサイトー風味のそれ(私は途中まで何の疑いも無く「ライナーは伊藤政則」だと思って読んでいた)なのに名前のクレジットがない。何故だ。そもそもマサイトーの文章ではないのかも知れないが、仮にコレがマサ本人の文章だったとしたら、アレですかね、マサイトーにアレルギーを持っている人に対する配慮というか対策でしょうか。なんで皆、そんなに彼を嫌うか。

話を作品の中身に移そう。力強さに欠けるヴォーカルが埋もれていたヘヴィ路線と、かったるいサイケ路線で前後半が二分されていた「Deadwing」から、「Absentia」的な冷たい感触の統一感のあるサウンドに戻っているのだが、ドラムを筆頭に、音が妙にこぢんまりしていて、ギターがザクザクしていようがドラムが手数の多いフレーズを叩き出そうが、あまりメタリックな感じがしない。

その点、少々違和感を感じないでもないが、国内盤オビに記載された「ニートの神話」という言葉にふさわしい(ふさわしい、と書いておいてナンだが「ニートの神話」て意味不明やなあ…)ジメジメした世界が、逃避願望をネチネチと綴った歌詞のみならずサウンドからもドロドロと流れ出ていて、この煮え切らない音世界はこれはこれでアリ、というか、結構好きかも知れん。

RushのAlex Lifesonが“Anesthetize”でギター・ソロを弾いているが、Rushとは全く異なるサウンドメイクが施されていて“Halo”におけるAdrian Belewのソロと比べると「作品の1パーツ」感が強い。ここでAlexをわざわざ起用した意味がよくわからんほどに閉鎖的で「地に足の着いていない」音だ。

アルバム全編においてこの内向的な低いテンションは堅持されており、フラットな音の流れに身を任せてみるのも意外に心地よい。個人的には全く期待していなかった分、お買い得感の強い買い物になった。

あ、プログレッシャー向けに一言申し添えておくと“Way Out Of Here”に我らがRobert Fripp翁がサウンドスケープで参加しているが、存在感はAlexに負けず劣らず希薄です。ま、サウンドスケープですから。

2007/04/30 Mon. 01:39  edit

Category: CD/DVDレビュー:P

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

Marillion「Somewhere Else」追記。 

Marillionの新作「Somewhere Else」、ようやく慣れてきた。

“A Voice From The Past”という曲が一番好きなのだが、この曲、雰囲気が傑作「Afraid Of Sunlight」アルバムに収録されている“Out Of This World”に似ている。

この曲に限らず、「Afraid~」の持つ浮遊感を各曲が持っていて、それはいいのだが「Afraid~」のように劇的な展開や胸を打つメロディの少なさ、というのが私にとってこのアルバムを馴染み難いものにしているのだな、と気づいた。「Afraid~」アルバムと言うよりは、そのリマスター盤のボートラに入っている“Icon”“To Live Forever”に近いと言ったほうが適切かも。

結局、蜃気楼のようなアルバムで、その雰囲気をうまく掴み取れるかどうかが、好きになれるかどうかの分かれ目なのかも知れん。“Out Of This World”が好きな方は聴いてみる価値はあるかも。

参考:Marillion“Out Of This World”
ジェットエンジンを積んだボートで時速300マイル走行を目指したドナルド・キャンベルの悲劇を題材にした曲(映像はその模様を伝えた番組からの抜粋と思われる)。

2007/04/25 Wed. 22:42  edit

Category: CD/DVDレビュー:M

Thread: 洋楽 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 2

top △

ショック。 

Queensrÿcheの来日公演は「Operation:MindcrimeI/II」の完全再現ではなさそうな予感。

ミクシィ経由でこのニュースを目にしたときは全身の力が抜けた。何なんだ、ダイジェスト版て。そんなのやる意味あるのか。

その後、ダイジェスト版のセットリストらしきものを発見してさらに脱力。“The Mission”がない!“Speed Of Light”“Fear City Slide”“All The Promises”がない!聴きたい曲がことごとくオミットされておるよ。うわー切ねえ。

なんでも騒音に関する条例で、夜10時を超えると罰金を払わないといけないそうな。それ故の短縮版なワケだが、結構、どうでも良くなってきています。飛行機のチケットまで取ってるから行くけどなあ…。5年前の来日中止に次いでこの仕打ち。厳しいっすわあ。

2007/04/25 Wed. 22:41  edit

Category: ライヴレポ、雑記等

Thread: LIVE、イベント - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

杉 良太郎「君は人のために死ねるか」 

kimihahitonotamenishineruka.jpg


法律云々の話は別として、私は「音楽をDLするのはいいけど、繰り返し聴く程度に気に入ったのならCDを買ってミュージシャンに還元すべきである」と考える人間なので、YouTubeで見て大ウケした“君は人のために死ねるか”のマキシシングルを購入した。人はこれを「金のムダ使い」と呼ぶ。

YouTubeですぐ見つかるので気が向いたら探して欲しいが、とにかく物凄いインパクト。刑事ドラマの主題歌として、主人公である杉 良太郎本人が作詞しているのだが、譜割りもヘッタクレもない気合のこもりっぷりだけは半端でない歌詞を無理矢理メロディに乗せた遠藤 実(作曲)は偉い。当時もドラマそのものよりエンディングで流れるこの曲のインパクトが話題になったそうな。

パンキッシュと言ってもいい疾走感は、発売時期がカブる(共に'80年)こともあってJudas Priestの“Breaking The Law”を彷彿させる。歌っている世界観はある意味正反対だが、ライヴのカッコ良さなんかは特にカブる。よって杉 良太郎≒NWOBHM。えー。

NWOBHMて何よ?とお思いの方もいるかも知れないが、これはNew Wave Of British Heavy Metalの略で、まあプリーストは厳密にはNWOBHMに属するミュージシャンではないんだが、パンクに影響を受けているのがNWOBHM一つの特徴ですから、ここはひとつお目こぼしを。でもこの略称、どうにかならんかったものか。私は最初この単語を目にしたとき、一瞬「『んをぶふむ』て何よ?」と真剣に悩んだ。凄くカッコ悪い。

それはそうとこのCD、ライヴ・ヴァージョンも表題曲のそれをはじめ数曲収録され、特に“マイ・ウェイ”の濃密さは悶絶モノ。

近年、昔のドラマ/映画の主題歌などが収録されたコンピ類のリリースが本当に多い(このマキシも2004年リリースなんだが、ブームなんですかね。私も他になぜか1枚だけ持っている)が、コレはソッチの世界に足を踏み入れてみたくなる欲望と闘うハメになる1枚だ。だって笑えるぐらい面白いもん。プログレより業が深そうで怖いが。

2007/04/13 Fri. 23:35  edit

Category: CD/DVDレビュー:国内さ

Thread: 懐かしいJ-POPヒット曲 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 6

top △

Marillion「Man Of A Thousand Faces」 

manofathousandfaces.jpg


10年近く探していたブツがようやく見つかった。

'97年か'98年、今は亡き「炎」誌のニュー・リリース欄の片隅にひっそりと載っていたシングル「Man Of A Thousand Faces」の記事(確か編集部にMarillionのファンがいたと思う。「Radiation」のライナーノーツを書いている人)。

大好きな人は大好きな「This Strange Engine」アルバム('97)の冒頭を飾る“Man Of A Thousand Faces”をリーダー・トラックとしたシングルで、ジョーゼフ・キャンベルの著作「千の顔を持つ英雄」をモチーフにしたというこの“Man Of A~”、冒頭のアコギに折り重なるようにどんどん音が厚みを増し、曲の中盤からは全く別のメロディで、今度はSteve Hogarthのヴォーカルに多重コーラスがどんどん折り重なってクライマックスを迎える美しい曲で、スケールの大きさではMarillionのキャリアでも5本の指に入る名曲である。

私が記憶していた「炎」の記事では、シングルに収録されているエクステンデッド・ヴァージョンはオーケストラによるイントロが付け加えられている、という記載が。もうこの記事を読んだ瞬間「絶対に買う!」と決めたワケだ。

んが、当時実家があった松山のタワレコなどを見ても、日本ではどマイナーな存在であるMarillionのシングルなど置いてあるワケがない。まだ20世紀だったのでネットも普及しておらず、オンラインショッピングて、そんな言葉自体あったのか?という時代である。

21世紀に入ってネットを通じて様々なCDを買えるようになってからも、折につけ探してはいたのだがやはり見つけることはできず半ば諦めていた(間違えて同じく「This Strange Engine」からシングル・カットされた「80 Days」のシングルを買ってしまった、というオマケつき)のだが、こないだ米Amazonを何気なく覗いたら売ってた。散々探し回った割にエラく手近なところで見つかってしまった(以前はなかった、と思うけど)…。

収録されているのは全部で4曲。“Man Of A~”のエディット(後半の多重コーラス・パートがまるまるカット)と、国内盤「This Strange Engine」のボートラだった“Beautiful”“Made Again”のアコースティック・ヴァージョン、そしてお目当ての“Man Of A~”エクステンデッド・ヴァージョンである。

早速エクステンデッドを聴いてみると、ピアノに合わせて“Let It Be”のような(というか、そのまんま)メロディでHogarthが1stヴァースを歌い上げ、そのまま曲の本編へ…。あれ、オーケストラじゃない?どうやら、私の記憶が豪快に改竄されていたようだ。

このイントロ、なんだかありがたみがないなー。あまつさえ「80 Days」には正真正銘他ではリリースされていないライヴ・テイクが収録されているので、そういう意味でもありがたみがなかったりする。あらー。

しかし、そんなことでこの名曲の価値が色褪せるワケではない。新作でもこれぐらいのレヴェルの曲が一曲でもあれば良かったのになー。というワケで隠れた名作「This Strange Engine」アルバムをオススメして今日のエントリーはおしまい。

2007/04/11 Wed. 23:12  edit

Category: CD/DVDレビュー:M

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 2

top △

Marillion「Somewhere Else」 

somewhereelse.jpg


約2年ぶりの14thアルバム。プロデューサーが“Brave”“Afraid Of Sunlight”や最近の2作でプロデューサーを務めたDave MeeganからMicheal Hunterに交代している。

近年の作品には必ず含まれていた10分超の大曲が今回はなし、10曲入り52分という、彼らにしてはかなりコンパクトな作品になっている。曲の途中で曲調が極端な変化を見せたり、変拍子を織り込んでくるといった彼らのお家芸もかなり控え目で、メランコリックかつ(やはり、彼らにしては、だが)シンプルなポップ・ソングが並ぶ。過去の作品と同じような音を作ってくるバンドではないが、無理矢理、過去の作品から近似性の高い作品を探すとすれば「Radiation」「Marillion.Com」あたりだろうか。前作「Marbles」がシングルが英国でチャート上位に入るなどして成功したので、より広い層からの支持を狙ったのかも知れない(これはあくまで私の想像)。

バンド側の意図はともかく私個人の感想としては、アッパーでカラフルだった前々作「Anoraknophobia」と比べると楽曲が弱く、とにかく濃密だった前作「Marbles」との比較ではどこかアッサリしすぎな感じで、どうにももどかしさを感じる出来。アルバムの核となるようなキメの1曲(例えば「Marbles」なら、人によって異なるだろうが私にとってのそれは“Fantastic Place”)がないのも痛いが、何より彼らの持ち味である「淡い色彩の中にクッキリと浮かび上がってくる濃淡のコントラスト」がうまく表現しきれていないような。単なる「モノトーンのアルバム」になってしまっていて、どうもプロデューサーの交代が裏目に出ている気がする。全体的に曲の練り込みも足りない印象で、どうしちゃったのかな、一体。Steve Rotheryのギターはいつも通り美しい音色を奏でているし、Steve Hogarthのヴォーカルも相変わらずの存在感ではあるのだが。

ブックレットの最後のページには、2008年春に早くも次のアルバムがリリースされる旨の記述があり、このあたりにも違和感を感じずにはいられない。夜桜を愛でながらiPodで再生するとクールな音像が結構心地よく感じられたりするのだが、ま、次作に期待、といったところか。

ところで、アルバムとは全然関係ないけど、たまにMarillionて「U2と似ている」的論調で語られることがあるのを見かける。どのへんがU2っぽいんですかね?私にはサッパリわからん。
-- 続きを読む --

2007/04/06 Fri. 22:12  edit

Category: CD/DVDレビュー:M

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

森進一はエモ。 

Marillionの新譜が届いたが、彼らのアルバムでかつて味わったことのない「なんかこれ、微妙」という感覚…。まだ2,3回しか聴いていないので結論は先送りに。

忙しいので、YouTube3連発でお茶を濁しておこう。



30年以上前の「おふくろさん」。激しく縦揺れしながら絶唱する森進一。輪島の花束贈呈をシカトする森進一。進一RULEZ。この過剰さはMUSEの比ではない。森進一はエモ。

※4/6追記:森進一、もう見られなくなってます。こっそり愛でるべきだったか。残念。



いつのかわからないけど物凄く昔の“愛のメモリー”。3分39秒ごろ(残り35秒ぐらい)にチラッと映っているが、ドラムがツーバス。このことからもわかるが、しげるはメタル。



2004年の“君は薔薇より美しい”。まくしたてるように歌い、どこまでも伸びる高音で締め。布施明もメタル。

2007/04/05 Thu. 22:43  edit

Category: ライヴレポ、雑記等

Thread: 邦楽 - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 4

top △

How We Live「Dry Land」 

dryland.jpg


この時期になると、毎年のように春の陽光の中を漂うひんやりとした空気がSteve Hogarthの声とマッチしている、いう話を書いているのだが、今年は寒かったと思ったら急に生暖かくなってしまったりで、そういう雰囲気を味わうヒマもない。

それはともかく、今日はそのHogarthがMarillionに加入する前にやっていたHow We Liveというグループが1987年に残した唯一のアルバム「Dry Land」をご紹介。

穏やかで繊細な中にも力強さを秘めた声を持つHogarthを前面に据えた爽やかなポップ・ソング集で、時代の趨勢に合わせてやや陰鬱なムードのある今のMarillionよりも馴染みやすい楽曲が並ぶ。

バックの演奏をMarillionに差し替えたら、Hogarthが加入して最初の2枚(「Seasons End」「Holidays In Eden」)に収録されていてもおかしくなさそうな雰囲気の曲も多く、派手さはないが出来も悪くない。実際、タイトル・トラックの“Dry Land”がほぼそのままの形でMarillion「Holidays In Eden」アルバムに再録されている(あと、ボートラの“Simons Car”の一部がやはり「Holidays~」収録の“Cover My Eyes”に流用されている)。

レコード会社のプロモーションが貧弱だったこともあってヒットには恵まれなかったが、それが後のMarillion加入に繋がるのだからわからんもんである。Hogarth、How We Liveがポシャった時に音楽業界から足を洗おうかと考えていたらしいが。


How We Live“All The Time In The World”
Hogarthが若い&映像の口パクと音楽が微妙に合っていなくて気持ち悪い。

marillion.com(「How We Live」購入ページ)

2007/04/01 Sun. 02:50  edit

Category: CD/DVDレビュー:H

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △