非思量

category: CD/DVDレビュー:Q  1/2

Queensrÿche「Condition Hüman」(2015)

めでたくバンド名使用権を獲得したTodd La Torre(Vo)を擁するQueensrycheの新譜。そのバンド名使用権でもめている最中にGeoff Tateが作った「Frequency Unknown」(2013)はノーカンとして、オリジナルとしては14枚目、でいいのかな?クラウドファンディングで資金を募って製作されている。前作「Queensrÿche」(2013)のJames “Jimbo” Burtonに替えてRob ZonbieやSoulflyを手がけたChris “Zeuss” Harrisをプロデューサーに迎え...

  •  0
  •  0

Queensrÿche(Queensryche)「Queensrÿche」(2013)

Scott Rockenfield(Ds)、Michael Wilton(G)、Eddie Jackson(B)、Parker Lundgren(G)がCrimson GloryのTodd La Torre(Vo)を招いて結成されたRising Westが、Geoff Tateのバンド追放を経てQueensryche(以下QR)に名前を変えて製作されたアルバムである。以前のエントリで「どうせ初期の音楽性に戻るだろうから聴かない」と書いたが、まあ、やはり気になるので。とは言え、正直、あまり期待していなかった。シングルの“Fal...

  •  0
  •  0

Queensrÿche(Queensryche)「Frequency Unkown」(2013)

昨年6月から分裂状態のQueensryche。今回紹介するのは、バンドから放逐されたGeoff Tate率いる方のQueensryche(以下GT版)から4月にリリースされた新作である。国内盤発売の予定は今のところなし。現在、GT版の公式サイトでクレジットされているメンバーはKelly Gray(G)、Robert Sarzo(G)、Rudy Sarzo(B)、Simon Wright(Dr)、Randy Gane(Key)だが、奇妙なことにどのメンバーも本編の10曲中、数曲ずつしか参加していない...

  •  0
  •  0

Queensryche「Dedicated To Chaos」全曲解説。

No image

時期的に「2011年上半期ベスト」的なエントリーを書く頃合なのだがQueensryche「Dedicated To Chaos」に激ハマリしているので、この作品の全曲解説をもって上半期ベストに代えたい。とは言え他に気に入った作品もチョコチョコとあるので、それらについては年末年始あたりでフォローする。1.Get Started「Q2K」以降のメロディやサウンド・メイクのセンスで"Best I Can"をやったような、アップ・テンポなハード・ロック。軽快な印象...

  •  2
  •  0

Queensryche「Dedicated To Chaos」(2011)

バンド結成30年目にしてYの上からウムラウトが消えたQueensrycheの12枚目のスタジオ・アルバム。正式メンバーはGeoff Tate(Vo)、Scott Rockenfield(Dr)、Eddie Jackson(B)、Michael Wilton(G)の4人で、ツアーにも参加したGeoffの娘婿であるParker Lundgren(G)はAdditional Guitarsとしてクレジットされている。アルバム発売前に"Get Started"を聴いた時はあまり印象に残らなかったのだが、公式アカウントがYouTubeで公開...

  •  0
  •  0