非思量

category: CD/DVDレビュー:国内か  1/1

小暮伝衛門「好色萬声男」(1990)

今回の再集結も好評のうちに終了したらしい(私は前回初めてライヴを観て気が済んだので今回はノーチェック)聖飢魔IIのヴォーカリスト、デーモン閣下が小暮伝衛門名義で発表した1stソロ。タイトルは「こうしょくよろずごえおとこ」と読む。これ、知る人ぞ知る傑作でいつか紹介したいと思っていたのだが、この2月に他のメンバーがやはり90年代前半にリリースしたソロ/ユニット作と一緒にリマスターの上再発されたことで、ようやく...

  •  0
  •  0

Capriccio「Hyper Naturalism」(2015)

大阪は堺にて結成された6人組による1st。動画がアップされた“Missile”を聴いてなかなかはっちゃけた感じのバンドだなあと思ったが、まず19歳のうら若き女性Vo、Pekoの歌が良い。Slipknotの影響下にあると思しきエクストリームなサウンドや、Key兼任のうさぎさん(ウサギのアニマルヘッドをかぶっている)のスクリームもなかなかに強烈だが、彼女の声はその中でも際立った存在感を見せる。上手いと思う。曲も良い。“Missile”はアッ...

  •  0
  •  0

きゃりーぱみゅぱみゅ「なんだこれくしょん」(2013)

今や時代の寵児、と呼んでいいのだろうか。NHKアナでさえその名前を読む際に苦労するきゃりーぱみゅぱみゅの2ndフル。“ふりそでーしょん”のPVを観てシュールな歌詞やメロディに魅かれて通常盤を買ってみたが、外国人が喜びそうなエキゾチシズムを内包した“にんじゃりばんばん”、クレヨンしんちゃんのOP“キミに100パーセント”、歌詞が何も言っていないに等しい“インベーダーインベーダー”“み”等、意外性よりもJ-POPとしてひたすらラ...

  •  0
  •  0