非思量

2012年の17曲。

1年を振り返る企画その2。2012年に買ったCDから選曲してiTunesやiPodで聴きまくる17曲。ダラダラしないようプレイリストを80分以内に収めるマイルールを定めていること(因みにラニング・タイムは1時間17分53秒)もあり、こちらもアルバム同様、選ぶのに迷った。

今回は公式が上げているものに限ってYouTubeへのリンクもはってみた。興味があったら聴いてみて下さい。良いと思ったら買ってみて下さい。

1. Doimoi“帆影”
2. Doimoi“円群”



“帆影”は“円群”とシームレスで繋がっているのと、全体のオープニングとしても雰囲気的に良いので入れてみた。“円群”は初めて聴いた瞬間にこのプレイリストの先頭に入ることが決定した。名曲。


3. Portico Quartet“Ruins”



エレクトロニカとジャズが混ざり合ってクールな風合いを醸し出しているのが大変良い。


4. Mr. Gil“Our Shoes”


上の動画、悲しいことに現時点で3000回も再生されていない。こんなにステキな曲なのに。


5. Siberian Newspaper“Vetro”
クラシカルな音色でスタスタと小気味良く駆け抜ける曲。


6. Fleur“Пробуждение”
2011年の15曲に引き続き、6曲目はキリル文字が読めない。別に狙ったワケではないが。抑制されたメロウなバラード。余談だがこのアルバム、iTunesでジャンルが「Metal」になっていた。なんでやねん。


7. Fear Factory“New Messiah”
theindustrialist.jpg

打ち込みのドラムが凡庸でアルバム全体の出来映えはかなり「うーん…」だった(のでレビューは書いていない)が、この曲は彼らにしてはかなりポップ寄りなのでそれが気にならなかった。


8. Aranis“Gentlemen Of Leisure”
流麗なミニマル・ミュージック。Trey Gunnが弾いてるのはどのパートなのだろう…。


9. Marillion“The Sky Above The Rain”

暇さえあればこの曲を聴いている。ラヴ・ソングのようだが、もう少し幅を広げて、相互理解がテーマのようにも思える。何にせよ、超絶的な美しさ。来日してくれんかなあ。


10. Diablo Swing Orchestra“How To Organize A Lynch Mob”
11. Diablo Swing Orchestra“Black Box Messiah”



奇天烈極まりないアルバムの中でも特に奇天烈なのがこの曲。オフィシャルPVがあったのか(つい先日アップされたばかりの模様)。“How To~”はイントロの小曲。


12. 今沢カゲロウ“Mosquito Express”
今沢流ヒップホップ。ジャズ・ロック風味でもあり。


13. Tremonti“I Wish You Well”
メタル!メタル!メタル!


14. Gotye“Somebody That I Used To Know”


欧米でブレイクしたのは2012年のことだが正確には2011年の曲。先日MTVでU.K. Top50とU.S. TOP50をチラ見したらまだランクインしてたぞ。凄いね。


15. Rush“Clockwork Angels”

ガリガリいわせるベースとか変化に富んだ曲調とか舞い上がるようなサビとか、好きなところが多過ぎる。


16. Anneke Van Giersbergen“Circles”
繊細な歌唱が光るコンパクトなバラード。


17. Anathema“Untouchable Part 1”


この曲もしょっちゅう聴いている。私が知っているAnathemaの曲の中でこれが最も好きかも。

2012年の5枚。

毎年恒例のアレの季節であります。2012年に購入した52枚のCDから厳選に厳選を重ねた5枚をピックアップ。これ以上選ぶと10枚でもきかなくなるんよね。2012年は良い作品に恵まれた。

順位はつけず、アルファベット順で。

1. Anathema「Weather Systems」

weathersystems.jpg

レビューはコチラ

このバンドに望んでいるものが全て詰まった快作。


2. Diablo Swing Orchestra「Pandra's Pinata」

pandoraspinata.jpg

レビューはコチラ

とめどなく溢れる音の玉手箱。どこでもいいから国内盤を出しましょう。そして日本に呼んでください。


3. Mr. Gil「I Want You To Get Back Home」

iwantyoutogetbackhome.jpg

レビューはコチラ

聴く者のいる空間を暖かい色に変えてしまう強い(が、それを感じさせない)音楽。本隊のBelieveよりいい。


4. Portico Quartet「Portico Quartet」

porticoquartet.jpg

レビューはコチラ

ハング・ドラムという意外性とモダンに徹したサウンドの組み合わせが非常に鮮烈な印象を残した1枚。


5. Robert Fripp / Andrew Keeling / David Singleton「The Wine Of Silence」

wineofsilence.jpg

レビューはコチラ

眠れないときのBGMとして大変重宝しております。といっても退屈なワケではない。威厳に満ち溢れた楽曲とオーケストラの響きが素晴らしい。

Newest