非思量

竹澤悦子「へちま」(2013)

hechima.jpg

沢井忠夫/一恵のもとで筝を学んだ竹澤悦子(筝、三味線、笙、Vo)の1stアルバム。私の中で筝奏者というと、デーモン閣下の邦楽維新コラボレーションに参加していた福田千栄子(現・栄香)や、尺八+筝×2でプログレ色の濃いサウンドを展開するKokooのメンバーである八木美知依(Steven Wilson「Insurgentes」(2009)にも参加)のように、脱境界な活動を展開している人が多い印象(竹澤の師匠である沢井一恵にもフランス人コントラバス奏者、Jöelle Léandre〔Joelle Leandre〕との「Organic - Mineral」(2001)という、強烈すぎてどう接すればいいのか分からないインプロヴィゼーションの共作があるなあ、そういえば)がある。

今回紹介する竹澤悦子もやはりボーダレスな感覚を持ったミュージシャンのようで、この「へちま」も向島ゆり子(Vln)や坂田明(Sax、Vo)、板橋文夫(Pf)といった、これまた脱境界なミュージシャンを招いて製作された作品である。“耳はむ魚“はジャワ舞踊家の委嘱により作られた曲、恨-Han-”は韓国の伽倻琴(カヤグム)奏者、池成子(チ・ソンジャ)への憧れが基になっているとのこと。

全体的にアコースティックの凛とした音の響きが「和」を強く感じさせる作風ではあるが、その中にするっと入り込む各種異分子や趣のある竹澤の歌声が、緊張と緩和のコントラストを描き出す一助となっている。例えば“耳はむ魚”はクマナというインドネシアの青銅打楽器が深遠さを演出、坂田明のサックスやヴォーカルも味わい深い。その他の曲も個性的で、意欲的な作品だと思う。


竹澤悦子“Hi・Ka・Ri”

この動画はアルバムとは異なり、太田恵資(Vln)とのアンサンブルで演奏されている。

Doimoi「Materials Science」(2012)

materialsscience.jpg

名古屋発4人組の3rd。

情緒的なメロディは私好みだし、音もハード・ロックと似たようなものなのに、私はなぜかエモが苦手なんである。なんでだろうなあ。パンクがルーツなだけに、メタル的なキメというか、タイトさに欠けるからだろうか。もう長いことそのテの音とはご無沙汰なんで、もうよくわからなくなっているが。

しかしDoimoiにはそれがある。骨太なメタル・サウンド。それ一辺倒ではないが、あくまで軸足はメタル。そこにエモいメロディが乗っかることにより作り出される、時に繊細、しかし別の瞬間に邪悪な表情も見せる音世界は更に磨きがかかっている。前作「Dialectic And Apocalypse」(2009)も良い作品だったが、マッチョな塊感が強調されていた前作に対し、新作は狭い檻から解き放たれたかのようなのびのびとした表情を見せる場面も多く、親しみやすさも増しているように思う。

何よりもまず、PVが製作された“円群”を聴いてほしい。メタルとエモの理想的なマリアージュがここにある。この曲を聴いて鳥肌が立った。今年はいい曲との出会いに恵まれている気がするが、この曲も大変良い。この1曲だけでもう元は取れた。勿論、他の曲も良いですよ。


Doimoi“円群”

Doimoi「Dialectic And Apocalypse」(2009)

dialecticandapocalypse.jpg

名古屋のインディ・シーンで活躍する4人組の2nd(1stは未聴)。このバンドのソングライター氏の日記は以前から拝見していて、時折書いているCDレビューのニッチなチョイスぶりに勝手に親近感を抱いていた(その割に知らない音ばかりなんだが)ので購入してみた次第。

最初の一音を聴いて感じたことは「Fightの2ndを絶賛してたの、わかるわー」。「余計な装飾などいらぬ!」と言わんばかりのすがすがしいほどに贅肉を徹底的に削ぎ落としたソリッドなサウンド。ドラム+ベース+ギター×2が弾き出す非常に生々しい音が、ビザールですらあるリフや展開を見せる曲もあればエヴァーグリーンな表情を見せる瑞々しいメロディの曲もあるという多彩な楽曲群を1つに纏め上げている。10曲で30分という短いアルバムで曲間の無音部分がほとんど取られていないこともあるが、これだけの振れ幅の大きさでこの統一感というのはなかなかに凄いと思う。実際にはそうじゃないのはわかってるけど筒一杯に聞こえる(要は暑苦しい)ヴォーカルもヘヴィなサウンドにマッチしている。

90年代の所謂「モダン・ヘヴィネス」化したメタルが持つプリミティヴさ失うことなく、自分達の流儀で徹底的に磨き上げた強靭な音楽。乱暴にまとめるとそんな感じ。楽曲の解説(上でリンクした日記の過去ログ、2009年9月分の真ん中あたりにあります)を読んでも音の傾向がサッパリ想像できなかったので大ハズレだったら目も当てられんなあ、と思いながら注文したのだが、当たりを引けて良かった。素人臭さが微塵も感じられないのが失礼ながら意外だった。

デーモン小暮「Girls' Rock Tiara」(2009)

girlsrocktiara.jpg

デーモン小暮閣下が女性ヴォーカル曲をカバーした「Girls' Rock」シリーズ第3弾。楽曲解説とPVを収録したDVD付の初回限定盤及びCDのみの通常盤がリリースされている。ここで紹介しているジャケ写は私が購入した初回限定盤の方。私は安い通常盤の方で良かったんだが、職場近くのレコード屋にコッチしか置いてなかったんです。

収録曲及びオリジナルのアーティストは以下の通り。

  1. 熱くなれ(大黒魔季)
  2. 絶体絶命(山口百恵)
  3. そばかす(Judy And Mary)
  4. Piece Of My Wish(今井美樹)
  5. フレンズ(レベッカ)
  6. 地上の星(中島みゆき)
  7. Believe In Love(Lindberg)
  8. Cat's Eye(杏里)
  9. 夢見る少女じゃいられない(相川七瀬)
  10. 私は風(カルメン・マキ&Oz)~私は嵐(Show-Ya)
  11. Departures(Globe)

過去2枚同様、スウェーデンのCodeというバンドの主宰Anders Rydholmがアレンジを担当しているのだが、ピアノ・バラードに変貌を遂げた“Raspberry Dream”(レベッカ)や、Queen風のコーラス/ギター・ワークを導入した“Mr.サマータイム”(サーカス)のような大胆極まりないアレンジよりも、よりストレートなハード・ロック・サウンドに接近したものが多くなっている。

まあ“夢見る少女じゃいられない”はシャッフル調のビートに改められているし、“Piece Of My Wish”なんかもハード・ロックに大胆に変貌してしまっていたりで、いずれにしても原曲とは随分と趣きが変わっているのだが。スケールの大きさを感じさせる仕上がりになっている“地上の星”はある意味原曲と共通のイメージを残しているかも。この曲が個人的にはベストかな。スロー・バラードに姿を変えた“Believe In Love”や、どことなく寂寥感を感じさせる“Departures”も結構好き。

Rydholmのアレンジは冴えているし、閣下の粘りの効いた艶っぽい歌唱も健在。ファンなら必ず買うだろうし、買っても損はしないだろう。問題はこの路線が新規ファンの開拓につながっているかどうかだがその辺りはよくわからん。ただ、移籍3作目にして初めてシングルが切られたところを見ると、ビジネスとしては十分成り立っているのだろう。

それにしても、元来はヒットを飛ばした大物の余興的な位置づけでしかなかった「カヴァー」がこれほど前面に押し出されている今の状況というのはどうなのだろう。「往年の名曲」という、いわば他人のふんどし(それも極上の)で散々相撲を取った後にどういう展開が待っているのか。閣下に限った話ではなく、少し怖くもあり、面白くもあり。Eric Martinの「まさかのオリジナルMr.Big再結成」のようなウルトラCなんて、誰でも使える技じゃないぞ。

今後の閣下に対する個人的な願望は聖飢魔II再結成…では断じてなく、前作でのツアー・メンバー(Rydholm(B,Key)とOla af Trampe(G)のThe Code組+ex聖飢魔IIの大橋隆志(G)+聖飢魔IIのサポートメンバー松崎雄一(Key)+五十嵐公太(Dr))でのバンド結成→オリジナル・アルバム発表、作曲は各メンバーが分担して担当、というものなのだが、まあ、ちょっと難しいだろうな。

このメンツでのライヴは本当に素晴らしかったし、閣下もかなり手応えがあったみたいだけどねえ…。なんならドラムはアルバムで叩いているGregg Bissonetteでもいいけどもっと難しいか。


新作の曲がYouTubeで見つからなかったので、「Girls' Rock」から杏子が92年に歌ってヒットした“Distancia~この胸の約束~”のカヴァーを。玉置浩二はいい曲書くねえ。ツーバスドコドコのパワー・メタルにアレンジされている。

デーモン小暮「√Hakurai Culture Rock Show」(2008)

culturerockshow.jpg

女性ヴォーカル曲のカヴァー・アルバム第2弾「Girls' Rock √Hakurai」ツアー最終日@渋谷AXを収録した2枚組DVD。

以前書いたライヴレポを読んでもらえればわかるように、大阪で見たライヴはかなり満足度の高いものだったが、DVDに収録されている演奏も非常にまとまりが良く、何より弦楽器(ギター+ベース)がハード・ロック/ヘヴィ・メタル完全対応型なのが前作「Demon's Rock Show」との大きな違いであり強み。前半は新譜からのカヴァー曲を中心とし、徐々に閣下のソロや聖飢魔IIの楽曲中心に移行。大橋隆志(g)がいたからこそできた“魔界舞曲”“Fire After Fire”も当然収録(後者で大橋がギター・ソロを弾くパートで五十嵐公太(dr)がツーバスを炸裂させていたのが聖飢魔IIと一味違っていてまた良かった)されている。閣下のヴォーカルも非常に調子が良い。

トーク全編で英語字幕が表示されたり(スウェーデン人がツアーメンバーに加わっていたため、彼ら目当ての、あるいは彼らを通じてこの作品を知った外国人に対する配慮、かな?)、2枚目にオマケとしてツアーのドキュメンタリーが収録されるなど、かなり気合の入った作りだが、これも閣下がこのツアーにかなりの手応えを感じたからであろう。

全編から伝わってくるのは、「ステージ上の演者が心から楽しそう」なことだ。楽しそう、というか、充実感が伝わってくると言った方が正しいか。終演後の閣下、やたらとサービス満点というかご機嫌なのだが、生でライヴを見た人なら理由はわかるだろうし、生で見られなかった人も、このDVDで演者や観客が味わった感動の何分の1かでも感じることが出来れば幸いである。

Newest