非思量

category: CD/DVDレビュー:国内た  1/1

竹澤悦子「へちま」(2013)

沢井忠夫/一恵のもとで筝を学んだ竹澤悦子(筝、三味線、笙、Vo)の1stアルバム。私の中で筝奏者というと、デーモン閣下の邦楽維新コラボレーションに参加していた福田千栄子(現・栄香)や、尺八+筝×2でプログレ色の濃いサウンドを展開するKokooのメンバーである八木美知依(Steven Wilson「Insurgentes」(2009)にも参加)のように、脱境界な活動を展開している人が多い印象(竹澤の師匠である沢井一恵にもフランス人コントラ...

  •  0
  •  0

Doimoi「Materials Science」(2012)

名古屋発4人組の3rd。情緒的なメロディは私好みだし、音もハード・ロックと似たようなものなのに、私はなぜかエモが苦手なんである。なんでだろうなあ。パンクがルーツなだけに、メタル的なキメというか、タイトさに欠けるからだろうか。もう長いことそのテの音とはご無沙汰なんで、もうよくわからなくなっているが。しかしDoimoiにはそれがある。骨太なメタル・サウンド。それ一辺倒ではないが、あくまで軸足はメタル。そこにエモ...

  •  2
  •  0

Doimoi「Dialectic And Apocalypse」(2009)

名古屋のインディ・シーンで活躍する4人組の2nd(1stは未聴)。このバンドのソングライター氏の日記は以前から拝見していて、時折書いているCDレビューのニッチなチョイスぶりに勝手に親近感を抱いていた(その割に知らない音ばかりなんだが)ので購入してみた次第。最初の一音を聴いて感じたことは「Fightの2ndを絶賛してたの、わかるわー」。「余計な装飾などいらぬ!」と言わんばかりのすがすがしいほどに贅肉を徹底的に削ぎ落...

  •  0
  •  0

デーモン小暮「Girls' Rock Tiara」(2009)

デーモン小暮閣下が女性ヴォーカル曲をカバーした「Girls' Rock」シリーズ第3弾。楽曲解説とPVを収録したDVD付の初回限定盤及びCDのみの通常盤がリリースされている。ここで紹介しているジャケ写は私が購入した初回限定盤の方。私は安い通常盤の方で良かったんだが、職場近くのレコード屋にコッチしか置いてなかったんです。 収録曲及びオリジナルのアーティストは以下の通り。 熱くなれ(大黒魔季)絶体絶命(山口百恵)そばかす...

  •  0
  •  0

デーモン小暮「√Hakurai Culture Rock Show」(2008)

女性ヴォーカル曲のカヴァー・アルバム第2弾「Girls' Rock √Hakurai」ツアー最終日@渋谷AXを収録した2枚組DVD。以前書いたライヴレポを読んでもらえればわかるように、大阪で見たライヴはかなり満足度の高いものだったが、DVDに収録されている演奏も非常にまとまりが良く、何より弦楽器(ギター+ベース)がハード・ロック/ヘヴィ・メタル完全対応型なのが前作「Demon's Rock Show」との大きな違いであり強み。前半は新譜からのカ...

  •  4
  •  0