非思量

category: CD/DVDレビュー:V  1/1

Van Der Graaf Generator「A Grounding In Numbers」(2011)

70年代に活躍した英国産プログレッシヴ・ロック・バンドの、2005年に何度目かの再結成を果たして以来3枚目となるスタジオ・アルバム。これが私にとってVDGG初体験となる。YouTubeとかで音源を聴いたことすらなく、本当に初めて。というのもRobert Fripp「Exposure」(私が最初に聴いたのは1989年に輸入盤でリリースされたDefinitive Edition)で聴いたPeter Hammill(Vo,G,Pf)の黒板を爪で引っかいたような刺々しいヴォーカルがい...

  •  0
  •  0

Van Canto「Tribe Of Force」(2010)

国内盤のオビに曰く「アカペラ・メタル」。ヴォーカルのみならず、ギターとベースのパートも「人間の肉声」でカヴァー(ドラムはそのまんまドラムを使用)してしまうドイツ産大馬鹿者6人組(女性1人含む)の3rdにして日本デビュー盤。バッキング・トラックに人の声を用いる手法そのものはBjorkが「Medulla」で既にやってしまっているが、(「Medulla」が今、手元に無いんでウロ覚えでの記述になるが)あくまで声を「楽器」として使...

  •  0
  •  0