Operation: Mindcrime「Resurrection」(2016) 

resurrection.jpg

Geoff Tate率いるOperation: Mindcrimeの2nd。ライヴ活動も行っているが、レコーディングでは複数のメンバーをやりくりしており、バンドというよりはGeoff Tateのソロ・プロジェクトと表現する方が適切かも知れない。

コンセプト・アルバムの曲間に挿入されていそうな小品を冒頭4曲にズラッと並べ、その後にバラード調含むソフトめなスロー~ミッド・テンポの曲が続き、後半にエピックな雰囲気を持つ曲がポンポンと現れる、なんだか不思議な構成のアルバムになっている。

構成こそ少し変わっているが、作品の出来は悪くない。楽曲のクオリティがこれまでと比較していきなり上がったワケではないが、キャラクターに合わない気の抜けたポスト・グランジまがいの曲や、R&B~ソウル方面に色目を使ったような曲が姿を消し、緊張感を殺がれる場面がなくなっているのが良い。

替わってTateのプログレ趣味が前面に出ている。作品のエピック面を象徴する“Invincible”や“A Smear Campaign”あたりに顕著だが、特に後者はTateの歌よりもアグレッシヴなギターをはじめとするインスト隊の演奏を聴かせる作りの、彼の曲にはかなり珍しいタイプのそれに仕上がっている。Tim “Ripper” Owens(ex Judas Priest)とBlaze Bayley(ex Iron Maiden)参加と聞いてズッこけるしかなかった“Taking On The World”も、荒々しい曲調が作品のアクセントとして良い働きをしているように思う。

全体的にはQueensrycheの「American Soldier」(2009)あたりが作風としては近いだろうか。相変わらずモッサリとしたプロダクションが残念だが、「俺の上にまたがる彼女はまるでエクササイズマシン!寝かせてくれない!誰か助けて!」なんてクソとしか形容しようのない歌詞の曲を歌っていた数年前のことを思うと、よくここまで持ち直したなあ、とは思う。YouTubeでライヴの動画を確認する限り、声の調子もどん底からは脱しているように聞こえる。


Operation: Mindcrime“Lest For Dead”

2016/09/20 Tue. 22:54  edit

Category: CD/DVDレビュー:O

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

Operation: Mindcrime「The Key」(2015) 

thekey.jpg

Geoff TateがQueensrÿche(Queensryche)の名称を使えなくなるにあたり、新たに立ち上げたバンド名がQRの名作そのまんまの「Operation: Mindcrime」。このバンド名を知った瞬間、カリオストロの城の銭形警部ばりに「そうか…その手があったか!」と叫んでしまった。皮肉ではなく、本気で感心した。

バンドと書いたが、クレジット欄には複数のベーシスト及びドラマーを含め総勢10名もの名前が記されており、Tateのソロ・プロジェクトと記したほうが自然な感じはする。ブックレットの裏表紙には写っているのはTateを含め7名。ここに写っているのがツアー・バンドという認識でいい…のかな?

かつて「Frequency Unkown」(2013)を評して『モダンなアメリカン・ハード・ロックという枠組みの中で、「Q2K」(1999)以降の各アルバムの要素を抽出して曲ごとに配合を変えつつ仕上げている感じ』と書いたが、基本的なアウトラインはここでも不変。ただ、今回はメロディックなハード・ロックであることに作品の焦点が当てられているフシがある。バンド名がバンド名だけに、やはり少しは同じ名前のアルバムを意識したか。

MegadethのDave Ellefson(B)が演奏のみならず作曲にも関与したリーダー・トラック“Re-Inventing The Future”を聴いた時は「あらこれ悪くないんじゃない?」と素で思った。全曲こんな感じだったらいいなあ…というささやかな望みはヒップホップのテイストが混じった“The Stranger”等で脆くも打ち砕かれる(一曲ぐらいこういう曲があってもいいとは思うが)し、Tateが好むムーディーなテイストが注入された“Kicking In The Door”みたいな曲もあるのだから、もっとカラフルで立体感のあるサウンドで聴けたらいいのにと思ったりで、色々と「惜しい」ところがあるのは否めないが、楽曲のクオリティに多少なりとも持ち直しの気配があるのは喜ばしいこと。さてこれが復活の狼煙となりますか。


Operation: Mindcrime“Re-Inventing The Future”

2015/09/13 Sun. 00:01  edit

Category: CD/DVDレビュー:O

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

OSI「Fire Make Thunder」(2012) 

firemakethunder01.jpg

Fates WarningのJim Matheos(G,B,Key,Programming)と元Dream TheterのKevin Moore(Vo,Key,G,Programming)による双頭プロジェクト、OSIの4th。2人で録音した"For Nothing"を除き、ドラムスにGavin Harrisonを迎えた3人で録音されている。

Mike Portnoyが正式メンバー扱いで、Sean MaloneやSteven Wilsonも参加していた1stは別として、2nd以降のOSIはメタルのようなメタルでないような、茫洋とした感じのモダン・プログレをぶっきらぼうに演奏しているイメージのアルバムが続いているが、新作もおおよそそういった作風を引き継いでいる。そんな中にも今作には(彼らにしては、だが)人懐っこさのようなものが感じられ、ややPorcupine Treeに通ずる空気のインスト"Enemy Prayer"や、バラード色の強い"Wind Won't Howl"等、今までとはやや異なる色彩の曲もあり、ひたすら淡々としていた前作「Blood」よりはかなり印象が良い。

また、Gavin Harrisonのドラムが彼のキャラに即したシャープな音に仕上げられているのもプラス。Kevin MooreのVoは声域こそ狭いものの、割れ気味の独特の声でキャッチーなメロディを無理せず歌っている。病院の一室で点滴を受けつつ白い天井を見つめながら聴くとどハマリするクールな風情の音だが、モノトーンな中に各メンバーの持ち味が上手く活かされたアルバムに仕上がっていると思う。

2012/04/14 Sat. 23:15  edit

Category: CD/DVDレビュー:O

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △

OneRepublic「Waking Up」(2009) 

wakingup.jpg

他の歌手に楽曲を提供する職業作曲家、Ryan Tedder率いるアメリカのバンドの2nd(1stは未聴)。YouTubeでサワリだけ聴いて「別にいいか」と思っていたのに何故か買ってしまった。

線の細いTedderのエモいヴォーカルからは声、メロディ共にさほど強烈な印象を受けないが、それよりもこのアルバムのウリは「ゴージャスなサウンド」。メンバーのクレジットを見るとギター、ベース、キーボード、ドラムの他にチェロだのヴィオラだの鉄琴だの「Beautiful Noises」だの、とにかく色んな音がブチ込まれている模様。

しかもアレンジの方向性が全曲違うとまでは言わないがバラバラ。一応、男臭さの薄いメジャー感溢れるヒット・ポテンシャルの高い楽曲群という意味では一貫しているが、リリカルなピアノとファルセットが繊細な世界を描いていたかと思えばいきなり合唱隊のコーラスが割り込んでくる“Mede For You”に始まり、R&Bな“Everybody Loves Me”や後半がPeter Gabriel「Us」みたいになる“Missing Persons 1&2”があるかと思えば“Waking Up”はまるでU2。しかも途中から荘厳なピアノバラードになる。とにかくアッパーなノリかつ途中でアレンジがガラッと変わる曲が多く、なんか「こんなこともできるから仕事くださいね!」てな感じでTedderによる「アレンジの見本市」を見せられている気分にすらなる。

個人的にはリーダーの異様なまでのマニアックな職人ぶりやVo以外のメンバーが替わっても影響なさそうなところがサザンオールスターズとカブるな。一音たりとも聞き逃したくない絶妙な音作りは、音楽的には好みの範疇からは外れるのに思わずレビューを書いてしまう完成度。バンドらしさは希薄だし楽曲的には売れセン寄りだが、ここは敢えてプログレッシャーにレコメンドしておこう。濃いよ。

2009/12/11 Fri. 22:55  edit

Category: CD/DVDレビュー:O

Thread: 洋楽CDレビュー - Janre: 音楽

tb: 0  |  cm: 0

top △