非思量

category: CD/DVDレビュー:O  1/1

Operation:Mindcrime「The New Reality」(2017)

exQueensrycheのGeoff Tate(Vo,Key,Sax)率いるOperation:Mindcrimeの3rd。GeoffとKelly Gray(G,B)、Scott Moughton(G,Key)がコア・メンバーで、曲によってJohn Moyer(B)や複数のドラマーを使い分けている。1st~3rdで国内盤ライナーを書いたのは同一人物だが、ご丁寧に3枚ともライナーの前半でGeoffのQueensryche放逐や裁判における和解までの経緯が記されている。繰り返し同じことを書かなくても…と思ったが、よくよく考...

  •  0
  •  0

Operation: Mindcrime「Resurrection」(2016)

Geoff Tate率いるOperation: Mindcrimeの2nd。ライヴ活動も行っているが、レコーディングでは複数のメンバーをやりくりしており、バンドというよりはGeoff Tateのソロ・プロジェクトと表現する方が適切かも知れない。コンセプト・アルバムの曲間に挿入されていそうな小品を冒頭4曲にズラッと並べ、その後にバラード調含むソフトめなスロー~ミッド・テンポの曲が続き、後半にエピックな雰囲気を持つ曲がポンポンと現れる、なんだか...

  •  0
  •  0

Operation: Mindcrime「The Key」(2015)

Geoff TateがQueensrÿche(Queensryche)の名称を使えなくなるにあたり、新たに立ち上げたバンド名がQRの名作そのまんまの「Operation: Mindcrime」。このバンド名を知った瞬間、カリオストロの城の銭形警部ばりに「そうか…その手があったか!」と叫んでしまった。皮肉ではなく、本気で感心した。バンドと書いたが、クレジット欄には複数のベーシスト及びドラマーを含め総勢10名もの名前が記されており、Tateのソロ・プロジェクトと...

  •  0
  •  0

OSI「Fire Make Thunder」(2012)

Fates WarningのJim Matheos(G,B,Key,Programming)と元Dream TheterのKevin Moore(Vo,Key,G,Programming)による双頭プロジェクト、OSIの4th。2人で録音した"For Nothing"を除き、ドラムスにGavin Harrisonを迎えた3人で録音されている。Mike Portnoyが正式メンバー扱いで、Sean MaloneやSteven Wilsonも参加していた1stは別として、2nd以降のOSIはメタルのようなメタルでないような、茫洋とした感じのモダン・プログレをぶっき...

  •  0
  •  0

OneRepublic「Waking Up」(2009)

他の歌手に楽曲を提供する職業作曲家、Ryan Tedder率いるアメリカのバンドの2nd(1stは未聴)。YouTubeでサワリだけ聴いて「別にいいか」と思っていたのに何故か買ってしまった。線の細いTedderのエモいヴォーカルからは声、メロディ共にさほど強烈な印象を受けないが、それよりもこのアルバムのウリは「ゴージャスなサウンド」。メンバーのクレジットを見るとギター、ベース、キーボード、ドラムの他にチェロだのヴィオラだの鉄琴...

  •  0
  •  0